京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2005年06月11日

テナーサックスの話

SAX2.JPG

サクソフォーンは、ベルギーのアドルフ・サックスという人が1840年代に発明した「歴史の新しい木管楽器」です。
種類は7つ。
ソプラニーノ・ソプラノ・アルト・テナー・バリトン・ベース・コントラベース
サックスは、ジャズなどでよく用いられますが、クラシックを中心にしたすばらしい演奏家も、たくさん活躍しています。
私は、今、ラクールの「50のエチュード」を使って、練習しています!
それにしても表紙のデザイン、洒落てますね!  

Posted by Norichan at 23:48Comments(0)音楽