京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年11月16日

ちょっと痛かった治療!

11月16日(木)

午後から腰椎部分の神経根ブロックを行いました。
午前中は普段どおりに仕事をして、午後からの治療。
でも気分はとってもブルー。

16時治療開始だったのですが、20分前に到着。
もう準備ができてるということで、気持ちの準備もなく、裸になってX線治療室へ。
まるで手術室だ!
X線をかけながらの治療なので、ガラスの向こうにはX線技師が3名、治療室には4名程度のスタッフ。
台の上に上がって、うつ伏せに。
(ここからの出演:「」:先生、『』:私、( ):私の陰の声)
「はい、では消毒3回しますね!」
(あー、冷たくて気持ち良い)
背中には、穴の空いた布が乗せられました。
そして、背中の骨の部分を見るために、X線の方向を調整。
「はい、麻酔打ちます。痛いですよ!」
『痛い!』
ここからが、痛さを支配している神経探しの始まりでした。
針のようなもので、突っ突いて痛みを感じている足にビリっと走ったら当たりなわけです。
これが、簡単に見つからない。
その上、以前の手術の影響で、まわりの組織が硬くなって、針が入らない!
かなりの苦戦の模様が、手に取るようにわかる。
「もう5mm下!そうそう!」

私は、9年前に3ー4番の腰椎固定をしました。
3ー4番の腰椎の間の椎間板は人口骨です。
その手術の時に、かなり神経を押し広げたりしたので、教科書通りの位置には存在しなかったようです。
30分ぐらい探して、ようやく「金脈」を発見!
造影剤を注入して、X線写真を!
(はい、ポーズ!)
そして、その付近に、麻酔薬と抗炎症剤を注入!
これが、痛い!
注入している感じがもろに足に伝わってくる。
『痛い!痛い!』
痛いコールの連続です。
これで終わりかと思ったら、
「下の5番のところもブロックしましょう!」
また、金脈探しかと構えたら、こちらは早く見つかり、写真を撮って、薬剤投入。
でもこちらも薬剤投入でかなりの痛み!

「はい、終わりです!」
『ありがとうございました。』

ストレチャーに移されて、安静室へ。
全身に疲れ。
そして、変なエネルギーを使ってお腹が空いたのか、無性にお腹がグーっと鳴る!

あしたも、この痛みが消えていたらいいのにと祈りつつ、でも、夜は興奮して目が冴えていました。  

Posted by Norichan at 20:10Comments(0)健康

2006年11月11日

♪吹奏楽の練習♪



きょうは、朝から夕方まで、サックスの練習でした。
朝のうちは、サックスアンサンブルの練習!
そして、午後からは、吹奏楽の練習!

吹奏楽では、
ホルストの「吹奏楽のための第一組曲」と「星条旗永遠に」

クラリネット、フルート、サックス、トランペット、ホルンなど、いろんな楽器に囲まれると、気分は、ワクワク!
でも、私は初めての練習になるので、皆さんについていくのが精一杯!
「吹奏楽のための第一組曲」のテナーサックスのパート。
はじめから15小節休みなので、どこから入っていいのかわからず、冷や汗!(^-^;)
「あなたの入るところは、左手で指示してあげるからね!」と、まあ先生の優しいお言葉に回りからは笑い声!
そこでまた冷や汗!(^_^;)
周りの音をどれだけ注意して聴きながら演奏できるか。
でも、音が重なることで作り上げられる音楽って、確かに心地よいですね!
ひとりの音では意味がなくても、みんなの中に入ると、すごい意味を持ってくる!
感激ですね!(^O^)

練習してると、本当に痛みが和らぎます!
「音楽療法」そのものですね!

  

Posted by Norichan at 21:57Comments(0)音楽

2006年11月10日

♪楽器のお手入れ♪



きのう、楽器の話をしていたので、久しぶりにギターを開けて見たら、
「ぞうさんギター」のネックの台座が割れていました。
そりゃ、何年も触っていなかったから、無理はないのですが、たぶん最後に弾いた時に、また近々弾くつもりで、弦を緩めてなかったのが原因でしょうか!
あわててクラシックギターも点検。
こちらは、きっちり緩めてありました。


楽器は、やっぱり使い終わったら、きっちり「ありがとう!」の気持ちを込めて、磨いて仕舞って上げなければいけません。
ぞんざいな扱いをしていては、演奏する時もぞんざいな音しかでないんでしょうね。

人間も同じ。
いつも「ありがとう!」の気持ちと言葉を添えてあげれば、良い人間関係が生まれて、次の仕事も楽しく出来るんですね!
  

Posted by Norichan at 21:15Comments(0)音楽

2006年11月09日

♪私の音楽歴♪



朝は、調子が良かったものの、午後からはやはり痛みが出てきました。
まあ、こんなもんかとちょっとあきらめて、来週の治療までお預けとなりました。

とは言いながらも、痛みを和らげるには、「音楽療法」が最適との思いから、帰宅後サックスを吹きました。
12月に会社のクリスマスパーティーがあり、出演打診がありましたが、体調の加減もあり、難しいかも。
3月には、地域の音楽フェスティバルがあり、ここでは、サックスアンサンブルと吹奏楽に参加予定です。
アンサンブルは、スイング系があるので楽しみです。
吹奏楽は、実は初めてなので、これも楽しみ!

学生時代は、興味はあったものの運動部中心で、中学・テニス部、高校・剣道バレー部、大学・写真部
プラスバンドになぜ入らなかったのか不思議です。
私の音楽歴は、
【小学校時代】
◎リコーダー
☆どんな曲でも、知ってる曲なら、楽譜なしでも、すぐに吹いてました。
◎ウクレレ
☆ギターがやりたかったのですが、買ってもらえず、小さなウクレレをおこずかいで買いました。
【中学時代】
◎ギター
ウクレレでは飽き足らず、結局ギターを購入。
トレモロの名曲アルハンブラの思い出まで弾けるようになりました。
【大学時代】
◎フルート
☆メロディーを奏でたくって、フルート購入。
テレマンの忠実なる羊飼いが吹きたくて始ました。
【会社に入って】
◎テナーサックス
☆昔からジャズは好きで、特にサックスが好きで、コルトレーンが好き。
聴くジャズから演奏するジャズがしたくて…
◎実は、スネアドラムとハイハットあります。
◎この前、パンフルート買いました。

まあ、楽器は見てるだけでも楽しいですね!
しんどい時、痛い時、悲しい時、音楽を聴くと元気になれるって「音楽療法」でしょう。
楽器に触れるだけでも効果ありですね。
ちょっと、痛みが和らぎました!!  

Posted by Norichan at 22:53Comments(0)音楽

2006年11月08日

きょうの治療は結果オーライ!

きょうは、一週間振りの治療日。
先週の治療が全く効果がなく、座骨から足の痛さがひどくなったので、きょうもちょっと不安な気持ちで治療に望みました。

先生に、「先週の治療は効果なしというよりも悪化したよ!」と説明。
今回は、仙骨(背骨の一番下の骨)から麻酔薬を入れるのではなく、問題の神経付近の腰椎に麻酔薬と抗炎症剤のステロイドを入れましょうということに。

麻酔の注射の痛み」を取るための「麻酔」を腰に注射!
(※ ここからの出演: 「」=先生、『』=私、《》=私の影の声)
「この注射はけっこう痛いですよ!」
と言われた、これが本当にかなり痛い!!
麻酔が効いたのを待って、脊椎の硬膜外に注射。
「針が入りにくいですね!」
『脊髄まで突き破らないで下さいよ!!』
「3番4番付近は10年前の手術の後が癒着してる可能性がありますね!」
『そうですか。」
「はい、液を入れますよ!」
ブチュッ!
『右足のふくらはぎ付近が痛いよ!!』
「そうですか。はい、もう一本!」
『すねの方も痛いよ』
「自転車のレースって、あるんですか?」
『はい、前に鈴鹿サーキットでのレースに出ました。3日で400kmを走るツールド能登というのにも出ましたよ。先生、右足が痛いよ!』
「はい、終わりです!」
《あーよかった!》

「じゃあ、30分安静に!」
ということでベッドで痛みを確認すると、痛みが取れてない。
『先生、痛みが全然取れてない!』
「そうですか。やはり、たぶん癒着していて、薬剤が浸透していかない可能性がありますね。その場合は、仙骨からファイバーを入れて癒着を剥がした方がいいでしょう!その時は、3日ほど入院です。」
《ちょっと沈黙!》
「来週は、神経造影して神経根ブロックをやりましょう!」
ということで、きょうの治療が終了しました。


帰りは、ちょっとブルーなまま、琵琶湖畔のレストランで遅めのランチ。
評判のお店「ぐぅえもすいよん」は、予約で満員で残念!
http://www.tubasa.ne.jp/goutemotion/bakery/index.htm
そこで、その近くにあるガラス張りの地中海レストラン「エル・サルード」へ。
http://r.tabelog.com/shiga/rstdtl/25000185/
私のパスタは、海老のクリームソース。
クリームソースに甘エビを使っていて、エビの風味がなかなかでした。
壁に掛かっていた陶器のフライパンのお皿が可愛かったです!


家に帰えるなり、ベッドに横に。
ところが、夕方になって立ち上がると、ちょっと楽になってるではないですか!
癒着してる硬膜からじわじわと浸透して、麻酔薬とステロイドが効きだしたのかも知れません。
まあ、きょうは、飲み薬の痛み止めはやめて、あしたの状態を確認して見ましょう。

ちょっと気分も元気になって、夕方、今週初めて、テナーサックスに息を吹き込んで上げました!
今週の土曜日から、吹奏楽の練習が始まるのに、まだ練習していない!
ホルストの「吹奏楽のための第一組曲」と、「星条旗永遠に」
音源を聴きながら、楽譜を確認!
テナーサックスを吹こうと思えたので、きょうの治療は、結果オーライということですね!


あしたは、あしたです。
あしたの痛さ加減が楽しみです!  

Posted by Norichan at 21:58Comments(0)健康

2006年11月05日

♪落語と漫画の一日♪



きょうは、快晴にもかかわらず、家のベッドに横になってました。
座っていたら痛くはないのですが、まあ重量がかからないので寝てたほうが無難と言うことで。
太陽の降り注ぐベッドで寝てるのって何年ぶりだろう。
(ちょっと幸せ? ちょっと贅沢?)

きょうは、落語を聞いて、漫画を読んでました。
落語は、桂米朝の大全集。
近くの図書館に全巻そろっているので、借りて来ては、MPEGに変換して、通勤時に聞いています。
きょうは、「骨釣り」と「まめだ」。
「骨釣り」は、関東では有名な「野ざらし」のことですが、野ざらしのほうが粋ですね。
「まめだ」は、まめだぬきのことで、昭和の新作で、道頓堀界隈に古くから伝わる伝説を基にした話です。

精神的に疲れた時は、よく落語のCDを聞くことがあります。
笑いは、やはり精神面には良いと思いますね。

漫画は、大場つぐみの「デスノート」
数日前、テレビで映画の分を放映していました。
死神のお話ですが、なかなかおもしろい。
3巻までしかなかったので、残りを買ってこなくては!

そんな一日でした。
明日もまた足を引きずりながら会社に行くと思うと、ちょっとめげますが、まあ無理せず頑張りましょう。

  

Posted by Norichan at 21:07Comments(0)健康

2006年11月01日

ろれつが回らない!

きょうは、午前中仕事をして、午後から治療のため病院へ。
朝から、右足が痛だるい感じがあり、ちょっと不快。
病院に行くと、早速、脊柱硬膜外ブロック。

しかし、注射の前に血圧を測ると、上が187。
「病院に行ってますか?」と病院で聞かれる。
確かに、昨年の健康診断でも血圧が高いと言われ、先週の健康診断でも150アップだったので、ちょっと気にはなっていました。

再度測ったら170に落ちていたので、今回も仙骨から麻酔薬を
「ぶちゅっ」
ところが、今回は前回と具合が違う!
視野が狭くなる、そして口の中が変!
しゃべろうとしても、ろれつが回らない!
薬のせいとは言え、むちゃくちゃ気持ち悪いですね!
先生に曰く、きょうは、前回よりも麻酔量を上げたとのこと。
それを先に言ってもらわないと!
インフォームドコンセントですよ。
10分程度で収まったのでやれやれ。
と思ってたら、右足が疼痛。
横にして寝たらちょっとは楽に。

血圧は、結局150を推移。
きょうから、禁煙することを先生に宣言してしまいました!

きょうのブロックは、前回よりも麻酔量が多いのに、効果はあまり少なく、今も疼痛を引きずっています。
ちょっとがっかり。

まあ、きょうの成果は、
禁煙を決めたことと、
主治医の女医さんの素顔が見れたことかな?!
  

Posted by Norichan at 20:19Comments(0)健康