京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年05月03日

蒸気機関車と鯉のぼり

今日は快晴!
春の琵琶湖路を走る蒸気機関車を撮りに北陸本線の米原ー木之本へ。

気温が25度を越えたようで、冬のようには白い蒸気は吐いてくれませんでしたが、元気なドラフトの音を響かせて走り抜けていきました。

周辺の田んぼは、田植えの真っ最中。
春を飛び越して夏の陽気です。
木之本方面へ車を走らせていると、田んぼの向こうに、多くの鯉のぼりが、勢い良く泳いでるではありませんか!
すごい鯉のぼりの大群に出会い、感動しました!




折からの強風で、いっぱいの鯉のぼりが、まさしく勢い良く泳いでるようでした!


これは、滋賀県高月町雨森の高時川沿いの住民グループが、20年前から全国から不要になったこいのぼりを譲り受けて、この時期に揚げ続けているそうです。




最近では、自分の家で鯉のぼりをあげているのもめっきり少なくなりました。
せいぜい、マンションのベランダに小さな鯉のぼりがくくり付けられているのが関の山。


「屋根より 高い こいのぼり 大きい まごいは お父さん小さい ひごいは 子供たち 面白そうに 泳いでる♪」

http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2008042900124&genre=K1&area=S00
  

Posted by Norichan at 20:00Comments(2)