京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年11月22日

東山を借景にして (無鄰菴)

無鄰菴は、明治27年(1894)から明治29年(1896)にかけて明治・大正の元老である山県有朋(やまがた ありとも)が京都に造営した別荘です。




東山を借景にした広々とした庭園が広がります。




この池には、琵琶湖疎水の水が常に流れ込んでいます。




簡素な木造2階建の母屋は、紅葉の中で華やかな雰囲気でした。

  

Posted by Norichan at 09:00Comments(0)京の旅