京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月16日

ちょうちんに照らされて (暑い宵山)

京都が一番暑くなる夜。
祇園祭の宵山です。




ちょうちんに照らされた細い路地を、多くの人が思い思いに山や鉾を見て歩きます。




無病息災。




災いが一掃されることを願って、明日は巡行です。









  

Posted by Norichan at 21:00Comments(0)京の旅

2011年07月16日

華麗な装飾 (祇園祭・長刀鉾)

きょうは、長刀鉾の前でボランティアです。
目の前の鉾の装飾は、豪華絢爛。
素晴らしい刺繍です。




今年の期間中は雨が降らなかったので、雨よけのビ二ールシートもなく、その素晴らしさが満喫できます。




屋根の下の装飾も手が込んでします。




強い日差しの中、鉾も虫干しです。




今夜は、この河原町通りは、人で埋め尽くされることでしょう。
明日は、いよいよ山鉾巡行です。




あしたも、目の前でボランティア頑張ります。  

Posted by Norichan at 18:00Comments(2)京の旅

2011年07月16日

祇園祭には”はも” (錦市場)

祇園祭と言うと”はも料理”です。
京都の台所と言われる錦市場には、”はも”が並びます。




蒲焼。




そして、やはり骨きりされた”はも”に梅肉をつけてあっさりといただく。




この狭い錦市場の中を、17日の巡行の終わった夕方に、お神輿が練り歩きます。
神様の視察です。

  

Posted by Norichan at 12:00Comments(0)京の旅

2011年07月16日

夕暮れ時の宵々山 (祇園祭)

昨晩は、祇園祭の宵々山。
仕事を終えて四条烏丸へ行くと、すでに通りは歩行者天国。
長刀鉾の向こうには、菊水鉾や函谷鉾が並びます。




長刀鉾では、祇園囃子のコンチキチンが奏でられます。




夕日の光が鉾を照らし、日が落ちると、お祭気分も絶好調になります。



   

Posted by Norichan at 07:00Comments(0)京の旅