京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年03月11日

それぞれの思いを胸に (京都マラソン)

東日本大震災から1年を向える3月11日。
京都では、「絆」を胸に、1万5千人がそれぞれの思いを胸に、平安神宮のゴールを目指して、京都の街を駆け抜けました。




スタートの西京極陸上競技場では、スタート前に東日本大震災でなくなられた方々のご冥福をお祈りして、全員で黙祷を捧げました。




最後列からスタートした私。
友人の手には、制限時間となる関門閉鎖時間が書かれていました。
私は、中間点を越えたのですが、第五関門の11時59分に「2分」及ばず、完走はなりませんでした。




でも、目標とする大覚寺、仁和寺、平野神社、今宮神社、上賀茂神社で、東日本大震災でなくなられた方々のご冥福を祈って、手を合わせることができました。



「14時46分」
あの時、京都でも震度2を記録し、9階のオフィースのブラインドが音をたてて揺れました。
長時間の揺れで船酔い状態になった記憶が蘇りました。

今日という日は、もっと生きたかった人の今日でもあるんですね。

生かされていることに感謝して、平安神宮で、静かに手を合わせました。
  

Posted by Norichan at 17:30Comments(0)京の旅