京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年01月31日

歴史を作った庫裏 (妙法院)

東山の妙法院。




「門跡」とは、貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指しますが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院。




ここの庫裏は、1595年(文禄4)頃に作られた本瓦葺入母屋造の国宝。




幕末の七卿落ちの舞台でもあった由緒ある本堂も、堂々とした存在感です。


(2017年1月22日撮影)  

Posted by Norichan at 06:50Comments(0)京の旅