京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年01月12日

大切にしたい「着物文化」  (知恩院)

お正月には和服が似合います。




着物姿で出かけする習慣が少なくなった日本ですが、京都の街は違います。




毎日がお正月のように、着物姿での観光客が増えました。




ただ、色や柄を見ると、浴衣のようなイメージのものが多く、京都の街に不釣り合いなのが寂しいです。




多分、海外からのお客様好みの色柄なのかもしれませんが・・・




外股で、かつ大きな歩幅で歩いてる姿には、ちょっとだけ興ざめ・・・
日本の文化としての「着物」が丁寧に伝わることを願います。


(2018年1月6日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅