京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月21日

京都の東照宮 (金地院)

金地院は、足利義持の帰依を得て北山に開創した禅寺で、今は南禅寺の塔頭のひとつとなっています。

ここには、東照宮があります。
家康の遺髪と念持仏が祭られています。
この極彩色は、当時の華やかさを物語ります。




この紋所は、間違いなく徳川家です。




ここには眠り猫はありませんが、獅子と鳥が華麗に彫刻されています。






拝殿の天井には鳴龍。
これは、狩野探幽の作。
そして、三十六歌仙の額は土佐光起の筆だそうです。
なんと華やかな拝殿なのでしょう。




そんな京都の東照宮です。





同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
逢坂山を歩いて越える (旧東海道・逢坂山)
待ち遠しい満開の蓮の花 (法金剛院)
地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅)
お母さんといっしょ (法金剛院)
擬宝珠の向こう (三条大橋)
梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 逢坂山を歩いて越える (旧東海道・逢坂山) (2018-06-21 06:30)
 待ち遠しい満開の蓮の花 (法金剛院) (2018-06-20 06:30)
 地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅) (2018-06-19 06:30)
 お母さんといっしょ (法金剛院) (2018-06-18 06:30)
 擬宝珠の向こう (三条大橋) (2018-06-17 06:30)
 梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵) (2018-06-16 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。