京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月20日

きゅうりに痛みを封じます (五智山蓮華寺)

仁和寺の横にある五智山蓮華寺。
土用の丑の日に行われる「きゅうりふうじ」
弘法大師1200年の秘伝です。




使われるきゅうりは、本場の「嵯峨産」
このきゅうりに、名前と数え年と願い事を書きます。




そして、そのきゅうりをご祈祷してもらいます。




これが、私のきゅうりです。
肺と心臓の手術のあとが痛いので、胸の痛みが取れますようにとお願いしました。




これは、弘法大師がきゅうりに疫病を封じ、五智不動尊に病気平癒を祈願したことにちなんで行われます。
ご祈祷後のきゅうりは持ち帰り、体の悪いところをそのきゅうりでなでて 治癒を願います。
その後、きゅうりを土中に埋めるか、川に流すことで、痛みが取れるそうです。

3日後が楽しみです。
そんな土用の丑の京都の行事です。



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
格子戸がいっぱい (京都文化博物館)
銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo )
素敵な空間 (京都国立近代美術館)
素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸)
素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸)
ひとしずくの波紋(妙満寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 格子戸がいっぱい (京都文化博物館) (2018-09-20 06:30)
 銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo ) (2018-09-18 06:30)
 素敵な空間 (京都国立近代美術館) (2018-09-16 06:30)
 素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸) (2018-09-15 06:30)
 素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸) (2018-09-14 06:30)
 ひとしずくの波紋(妙満寺) (2018-09-13 06:30)

この記事へのコメント

土用の丑の日は「うなぎ」ばかりと思っていましたが、
所変われば面白い習慣があるのですね。
「きゅうりふうじ」とは初めて聞きました。
きゅうりを最後どうするのか、気になりつつ読みましたが
そうですか~、最後は川に流すか
土に埋めるのですね。

私だったら腰と足をきゅうりでなでなでします!!
Posted by ぱるちゃん at 2011年07月21日 12:57

ぱるちゃんへ♪
きょうは3日目になるので、胸と腰をなでなでして、庭に埋めました。
母が足が痛いというので、なでなでしてあげたら、「何かのおまじない?これで痛みがとれたら世話がない」とのあまりにも現実的な返答に、返す言葉がありませんでした。
Posted by Norichan at 2011年07月23日 10:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。