京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年11月08日

きょうの治療は結果オーライ!

きょうは、一週間振りの治療日。
先週の治療が全く効果がなく、座骨から足の痛さがひどくなったので、きょうもちょっと不安な気持ちで治療に望みました。

先生に、「先週の治療は効果なしというよりも悪化したよ!」と説明。
今回は、仙骨(背骨の一番下の骨)から麻酔薬を入れるのではなく、問題の神経付近の腰椎に麻酔薬と抗炎症剤のステロイドを入れましょうということに。

麻酔の注射の痛み」を取るための「麻酔」を腰に注射!
(※ ここからの出演: 「」=先生、『』=私、《》=私の影の声)
「この注射はけっこう痛いですよ!」
と言われた、これが本当にかなり痛い!!
麻酔が効いたのを待って、脊椎の硬膜外に注射。
「針が入りにくいですね!」
『脊髄まで突き破らないで下さいよ!!』
「3番4番付近は10年前の手術の後が癒着してる可能性がありますね!」
『そうですか。」
「はい、液を入れますよ!」
ブチュッ!
『右足のふくらはぎ付近が痛いよ!!』
「そうですか。はい、もう一本!」
『すねの方も痛いよ』
「自転車のレースって、あるんですか?」
『はい、前に鈴鹿サーキットでのレースに出ました。3日で400kmを走るツールド能登というのにも出ましたよ。先生、右足が痛いよ!』
「はい、終わりです!」
《あーよかった!》

「じゃあ、30分安静に!」
ということでベッドで痛みを確認すると、痛みが取れてない。
『先生、痛みが全然取れてない!』
「そうですか。やはり、たぶん癒着していて、薬剤が浸透していかない可能性がありますね。その場合は、仙骨からファイバーを入れて癒着を剥がした方がいいでしょう!その時は、3日ほど入院です。」
《ちょっと沈黙!》
「来週は、神経造影して神経根ブロックをやりましょう!」
ということで、きょうの治療が終了しました。


帰りは、ちょっとブルーなまま、琵琶湖畔のレストランで遅めのランチ。
評判のお店「ぐぅえもすいよん」は、予約で満員で残念!
http://www.tubasa.ne.jp/goutemotion/bakery/index.htm
そこで、その近くにあるガラス張りの地中海レストラン「エル・サルード」へ。
http://r.tabelog.com/shiga/rstdtl/25000185/
私のパスタは、海老のクリームソース。
クリームソースに甘エビを使っていて、エビの風味がなかなかでした。
壁に掛かっていた陶器のフライパンのお皿が可愛かったです!


家に帰えるなり、ベッドに横に。
ところが、夕方になって立ち上がると、ちょっと楽になってるではないですか!
癒着してる硬膜からじわじわと浸透して、麻酔薬とステロイドが効きだしたのかも知れません。
まあ、きょうは、飲み薬の痛み止めはやめて、あしたの状態を確認して見ましょう。

ちょっと気分も元気になって、夕方、今週初めて、テナーサックスに息を吹き込んで上げました!
今週の土曜日から、吹奏楽の練習が始まるのに、まだ練習していない!
ホルストの「吹奏楽のための第一組曲」と、「星条旗永遠に」
音源を聴きながら、楽譜を確認!
テナーサックスを吹こうと思えたので、きょうの治療は、結果オーライということですね!


あしたは、あしたです。
あしたの痛さ加減が楽しみです!


同じカテゴリー(健康)の記事画像
お花の雛飾り (大津)
同じカテゴリー(健康)の記事
 お花の雛飾り (大津) (2016-03-03 07:00)
 よみがえった声・支援の皆様に感謝 (神奈川) (2009-05-01 15:30)
 病院のエコおひなさま (病院にて) (2009-03-03 21:00)
 この一年を振り返って (2008-12-30 18:30)
 秋の気配 (2008-09-04 15:00)
 2回の大手術と素敵な花火 (2008-07-19 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。