京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年01月31日

歴史を作った庫裏 (妙法院)

東山の妙法院。




「門跡」とは、貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指しますが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院。




ここの庫裏は、1595年(文禄4)頃に作られた本瓦葺入母屋造の国宝。




幕末の七卿落ちの舞台でもあった由緒ある本堂も、堂々とした存在感です。


(2017年1月22日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
格子戸がいっぱい (京都文化博物館)
銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo )
素敵な空間 (京都国立近代美術館)
素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸)
素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸)
ひとしずくの波紋(妙満寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 格子戸がいっぱい (京都文化博物館) (2018-09-20 06:30)
 銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo ) (2018-09-18 06:30)
 素敵な空間 (京都国立近代美術館) (2018-09-16 06:30)
 素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸) (2018-09-15 06:30)
 素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸) (2018-09-14 06:30)
 ひとしずくの波紋(妙満寺) (2018-09-13 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。