京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年01月31日

歴史を作った庫裏 (妙法院)

東山の妙法院。




「門跡」とは、貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指しますが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院。




ここの庫裏は、1595年(文禄4)頃に作られた本瓦葺入母屋造の国宝。




幕末の七卿落ちの舞台でもあった由緒ある本堂も、堂々とした存在感です。


(2017年1月22日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
逢坂山を歩いて越える (旧東海道・逢坂山)
待ち遠しい満開の蓮の花 (法金剛院)
地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅)
お母さんといっしょ (法金剛院)
擬宝珠の向こう (三条大橋)
梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 逢坂山を歩いて越える (旧東海道・逢坂山) (2018-06-21 06:30)
 待ち遠しい満開の蓮の花 (法金剛院) (2018-06-20 06:30)
 地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅) (2018-06-19 06:30)
 お母さんといっしょ (法金剛院) (2018-06-18 06:30)
 擬宝珠の向こう (三条大橋) (2018-06-17 06:30)
 梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵) (2018-06-16 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。