京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年08月13日

六道まいり (六道珍皇寺)

精霊をお迎えするために参詣する「六道まいり」




六道珍皇寺は、この時期、多くの参拝客で賑わいます。




古来より、精霊は槇の葉に乗って冥土より帰ってくるとされ、買い求めた高野槇には、「迎え鐘」で迎えた"おしょらいさん"が、枝に乗り移り、懐かしき我が家へのしばしの里帰りとなります。




精霊を迎えるために撞くので「迎え鐘」




そして、16日には、送り火とともに精霊は戻って行かれます。
そんな京都の風習が受け継がれます。


(2017年8月11日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
炎の光 (衣笠街道町・送り火)
老舗が並ぶ通り (寺町通二条付近)
草木の色は心にも優しい (麸屋町通夷川上ル・手染め屋 tezomeya )
糺ノ森は古本の森 (下鴨神社・下鴨納涼古本まつり)
日本の将来を見た障子 (岩倉・岩倉具視幽棲旧宅)
お地蔵さんの笑顔 (東福寺・霊源院)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 炎の光 (衣笠街道町・送り火) (2017-08-17 06:40)
 老舗が並ぶ通り (寺町通二条付近) (2017-08-16 06:40)
 草木の色は心にも優しい (麸屋町通夷川上ル・手染め屋 tezomeya ) (2017-08-15 06:45)
 糺ノ森は古本の森 (下鴨神社・下鴨納涼古本まつり) (2017-08-12 08:00)
 日本の将来を見た障子 (岩倉・岩倉具視幽棲旧宅) (2017-08-10 08:30)
 お地蔵さんの笑顔 (東福寺・霊源院) (2017-08-08 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。