京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年09月15日

岩にそびえる仏様 (大津・岩屋耳不動尊)

大きな一枚の岩に、阿弥陀如来像と両脇に菩薩立像が現れます。




ここは、大津市大石富川町にある岩屋耳不動尊。




川を渡り、山道を登ると、突然現れる岩場。




そこには、美しく刻まれた仏様たち。




左下には不動明王も刻まれ、耳だれ不動として、耳の病に験があると伝わります。




そんな磨崖仏がある山が広がります。


(2017年9月3日撮影)



同じカテゴリー(琵琶湖のほとり)の記事画像
家康喜ぶ絢爛豪華さ (大津・日吉東照宮)
琵琶湖の東照宮 (大津・日吉東照宮)
冬の到来 (湖東三山・西明寺)
コケにモミジ (湖東三山・西明寺)
晩秋の三重塔 (湖東三山・西明寺)
夕焼けの中へ (八日市・近江鉄道)
同じカテゴリー(琵琶湖のほとり)の記事
 家康喜ぶ絢爛豪華さ (大津・日吉東照宮) (2017-12-11 06:30)
 琵琶湖の東照宮 (大津・日吉東照宮) (2017-12-10 09:00)
 冬の到来 (湖東三山・西明寺) (2017-12-09 06:30)
 コケにモミジ (湖東三山・西明寺) (2017-12-08 06:40)
 晩秋の三重塔 (湖東三山・西明寺) (2017-12-07 06:40)
 夕焼けの中へ (八日市・近江鉄道) (2017-12-06 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。