京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年01月12日

大切にしたい「着物文化」  (知恩院)

お正月には和服が似合います。




着物姿で出かけする習慣が少なくなった日本ですが、京都の街は違います。




毎日がお正月のように、着物姿での観光客が増えました。




ただ、色や柄を見ると、浴衣のようなイメージのものが多く、京都の街に不釣り合いなのが寂しいです。




多分、海外からのお客様好みの色柄なのかもしれませんが・・・




外股で、かつ大きな歩幅で歩いてる姿には、ちょっとだけ興ざめ・・・
日本の文化としての「着物」が丁寧に伝わることを願います。


(2018年1月6日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
空間に溶け込む風景(洛西・正法寺)
燃える雲 (東山・将軍塚)
色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺)
お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭)
剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭)
秋風が吹き出す頃(大原野神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 空間に溶け込む風景(洛西・正法寺) (2018-10-19 06:30)
 燃える雲 (東山・将軍塚) (2018-10-18 06:30)
 色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺) (2018-10-13 06:30)
 お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭) (2018-10-12 06:30)
 剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭) (2018-10-11 06:30)
 秋風が吹き出す頃(大原野神社) (2018-10-08 08:00)

この記事へのコメント
確かに最近は、海外の方のほうが
多いかもしれないですね。
でも、やっぱり着物はいいものですね。
                   まぁ
Posted by guildguild at 2018年01月12日 21:54
私は最近着物を着ていません。
海外の観光客を見習わなくては!
Posted by Norichan at 2018年01月14日 00:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。