京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年02月06日

雪の里 (美山・かやぶきの里)

美山のかやぶきの里は雪の中です。




里の道は雪の中。




近所の子供も雪かきのお手伝い。




かやぶきの屋根に、新雪が積もります。




屋根からは、鋭いツララが伸びています。




杉木立は、粉砂糖をまぶしたように見えます。




水墨画のような景色。




そんな中では、ポストの朱色が生命感を与えてくれます。




この景色に、なぜか日本の故郷を感じさせてくれる「かやぶきの里」です。


(2018年1月27日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
空間に溶け込む風景(洛西・正法寺)
燃える雲 (東山・将軍塚)
色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺)
お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭)
剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭)
秋風が吹き出す頃(大原野神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 空間に溶け込む風景(洛西・正法寺) (2018-10-19 06:30)
 燃える雲 (東山・将軍塚) (2018-10-18 06:30)
 色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺) (2018-10-13 06:30)
 お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭) (2018-10-12 06:30)
 剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭) (2018-10-11 06:30)
 秋風が吹き出す頃(大原野神社) (2018-10-08 08:00)

この記事へのコメント
冬の美山の雪景色はきれいですね。(タカ)
Posted by guildguild at 2018年02月06日 20:22
雪景色は、どこで見ても美しく感じます。
でも、住んでる人には、とても苦労が多いと察します。
Posted by Norichan at 2018年02月07日 16:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。