京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年02月07日

思いのまま (北野天満宮)

梅の枝に吊り下げられた短冊と瓢箪。




短冊には、「思いのまま」




北野天満宮の招福の梅の枝「思いのまま」




「災難厄除・学業成就・入試合格」
梅は古くから無病息災疫病邪気払いの信仰が伝えられており、昭和27年の初天神で、「萬燈梅」と称して梅の枝を授与したとか。




瓢箪には厄除の玄米が入っていて、ご飯に炊き込んで戴くと無病息災とか。




「美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある」
菅原道真が5歳の時に自身の『思いのまま』に読んだ句だそうです。
さすがは、学問の神様です。


(2018年1月28日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
空間に溶け込む風景(洛西・正法寺)
燃える雲 (東山・将軍塚)
色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺)
お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭)
剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭)
秋風が吹き出す頃(大原野神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 空間に溶け込む風景(洛西・正法寺) (2018-10-19 06:30)
 燃える雲 (東山・将軍塚) (2018-10-18 06:30)
 色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺) (2018-10-13 06:30)
 お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭) (2018-10-12 06:30)
 剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭) (2018-10-11 06:30)
 秋風が吹き出す頃(大原野神社) (2018-10-08 08:00)

この記事へのコメント
9日頃から梅苑が始まるそうですね。今年は寒いのでいつもより遅いようですね。(健)
Posted by guild at 2018年02月07日 21:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。