京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年05月15日

担ぐ手(松尾大社還幸祭・おかえり)

神輿を担ぐ手。




男衆たちの手で、神輿がかき上げられます。




アームバンドも、ちょっとしたお洒落です、




神輿を支える手。




扇子で音頭を取る手。




いろんな手によって、神輿が町内を練り歩きます。


(2018年5月13日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
神様の花見小路見物 (花見小路・祇園祭・神幸祭)
祇園祭寸描 (四条烏丸・祇園祭)
昔ながらの風情の中 (新町通・祇園祭・山鉾巡行)
提灯に照らされて (四条烏丸・祇園祭)
祇園祭の黄昏れ時 (四条烏丸・祇園祭)
荒縄が語る (四条烏丸・祇園祭・月鉾)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 神様の花見小路見物 (花見小路・祇園祭・神幸祭) (2018-07-20 06:10)
 祇園祭寸描 (四条烏丸・祇園祭) (2018-07-19 06:30)
 昔ながらの風情の中 (新町通・祇園祭・山鉾巡行) (2018-07-18 06:30)
 提灯に照らされて (四条烏丸・祇園祭) (2018-07-16 06:30)
 祇園祭の黄昏れ時 (四条烏丸・祇園祭) (2018-07-15 06:30)
 荒縄が語る (四条烏丸・祇園祭・月鉾) (2018-07-14 06:30)

この記事へのコメント
祭男はかっこいいですね。
私もいつか神輿を担ぎたいです。
                 まぁ
Posted by guildguild at 2018年05月15日 21:14
私も御神輿を担いだことがありますが、重いものです!
これだけの立派な御神輿になればかなりのモノ!
それを担ぐ男衆はカッコいいですね。
Posted by supermanαsupermanα at 2018年05月16日 08:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。