京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年05月21日

緑萌える草の橋 (上賀茂神社・社家町)

緑萌える草の石橋。




そんな草橋の下を、神聖な水が流れます。




上賀茂神社の中を流れてきた「ならの小川」は、社家町に入ると「明神川」となります。




社家町の東のはずれにある樹齢500年といわれるクスノキ。
この藤木社は明神川の守護神です。




川音を聞きながらの散策。




振り返ると、遥かに比叡山が背伸びをしていました。



(2018年5月6日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅)
お母さんといっしょ (法金剛院)
擬宝珠の向こう (三条大橋)
梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵)
遊ぶ飛び石 (山科・勧修寺)
光の中に輝く (智積院)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 地震直撃の朝 (JR山科駅・大津駅) (2018-06-19 06:30)
 お母さんといっしょ (法金剛院) (2018-06-18 06:30)
 擬宝珠の向こう (三条大橋) (2018-06-17 06:30)
 梅雨晴れのモミジ (東福寺塔頭・退耕庵) (2018-06-16 06:30)
 遊ぶ飛び石 (山科・勧修寺) (2018-06-15 06:30)
 光の中に輝く (智積院) (2018-06-14 06:30)

この記事へのコメント
石の上で立派に育ってますね。
すごい!!
川の名が変わるのは知りませでした。
                   まー
Posted by guildguild at 2018年05月21日 18:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。