京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年06月09日

池に咲く花 (山科区・勧修寺)

睡蓮が花を開きました。




勧修寺の氷室の池。




この池の真ん中に立つ千年杉は、京都庭園中最高の巨木。




そんな木の周りに配置された池には、様々な花と鳥たちが集います。




睡蓮は今が見頃です。



(2018年6月3日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
ゆったりと流れる時間(嵯峨野・落柿舎)
森の妖精たち (嵯峨野・アイトワ)
髪を大切に (嵯峨野・御髪神社)
比叡山を築山にして(嵯峨野・大河内山荘)
竹林を愛でながら(嵯峨野・竹の小径)
ラッシュのようなお社(嵯峨野・野宮神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 ゆったりと流れる時間(嵯峨野・落柿舎) (2019-01-21 06:30)
 森の妖精たち (嵯峨野・アイトワ) (2019-01-20 06:30)
 髪を大切に (嵯峨野・御髪神社) (2019-01-19 06:30)
 比叡山を築山にして(嵯峨野・大河内山荘) (2019-01-18 06:30)
 竹林を愛でながら(嵯峨野・竹の小径) (2019-01-16 06:30)
 ラッシュのようなお社(嵯峨野・野宮神社) (2019-01-15 06:30)

この記事へのコメント
睡蓮ってきれいですね。
色目が素晴らしいです。
みのる
Posted by guildguild at 2018年06月09日 21:26
睡蓮を見ると、いつもモネの絵画を思い出します。
Posted by Norichan at 2018年06月11日 06:56
確かに睡蓮といえば、モネですね。
モネの作品は写実的な部分と幻想的な世界観がとても不思議なものですね!
みのる
Posted by guildguild at 2018年06月14日 19:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。