京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年07月12日

鉾建ての道具たち(四条烏丸・祇園祭・鶏鉾)

祇園祭の鉾は、荒縄だけで建てられます。




いっぱいの荒縄を木組みに巻き付けます。




そして、その荒縄を木槌で叩いで締め上げます。




まさに、荒縄の芸術品です。




手仕事で作り上げる鉾。




明日あたりには、立派な鉾が完成します。


(2018年7月10日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
格子戸がいっぱい (京都文化博物館)
銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo )
素敵な空間 (京都国立近代美術館)
素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸)
素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸)
ひとしずくの波紋(妙満寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 格子戸がいっぱい (京都文化博物館) (2018-09-20 06:30)
 銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo ) (2018-09-18 06:30)
 素敵な空間 (京都国立近代美術館) (2018-09-16 06:30)
 素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸) (2018-09-15 06:30)
 素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸) (2018-09-14 06:30)
 ひとしずくの波紋(妙満寺) (2018-09-13 06:30)

この記事へのコメント
初めて見ました。
すごいですね!
みのる
Posted by guildguild at 2018年07月12日 16:08
この時期の風物詩ですね。荒縄だけ、とは知りませんでした!

山崎
Posted by guildguild at 2018年07月12日 19:57
釘など使わず、荒縄などの縄だけで木と木を繋いでいるので、ちょっとの揺れでは倒れないのです。
縄なので伸びたり縮んだりの自由度があるのが、かえってゆとりができて良いのです。
人間にもある程度の自由度があったほうが、かえって強いんだと思います。
Posted by Norichan at 2018年07月14日 22:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。