京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年08月28日

赤松の林 (相国寺)

相国寺の法堂に向かってすっくと立ち並ぶ赤松。




天文20年(1551年)の戦火により焼失した三門と仏殿の跡地にできた松林。




市街地には珍しいスケールの大きい赤松です。




お経を納める経蔵は、やはり金閣寺や銀閣寺を彷彿します。
金閣寺や銀閣寺は、この相国寺の塔頭ですから。


(2018年8月25日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
秋を愛でる弘法大師 (東寺)
鮮やかなモミジのお宅 (大原古知谷)
色とりどりの世界 (大原古知谷・阿弥陀寺)
西寺の紅葉(南区・西寺跡)
天高くの秋 (東寺)
春を待つ桜並木 (福井県名田庄・南川堤防)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 秋を愛でる弘法大師 (東寺) (2018-11-19 06:30)
 鮮やかなモミジのお宅 (大原古知谷) (2018-11-14 06:30)
 色とりどりの世界 (大原古知谷・阿弥陀寺) (2018-11-13 06:30)
 西寺の紅葉(南区・西寺跡) (2018-11-11 06:30)
 天高くの秋 (東寺) (2018-11-10 08:10)
 春を待つ桜並木 (福井県名田庄・南川堤防) (2018-11-08 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。