京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年09月20日

格子戸がいっぱい (京都文化博物館)

京町家というと格子戸。




格子戸にもいろんな種類があります。




ここは、江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」




いろんな格子戸のあるお店を散策していると、昔の風情を感じます。




そんな面白い空間が京都文化博物館にあります。


(2018年9月17日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
空間に溶け込む風景(洛西・正法寺)
燃える雲 (東山・将軍塚)
色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺)
お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭)
剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭)
秋風が吹き出す頃(大原野神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 空間に溶け込む風景(洛西・正法寺) (2018-10-19 06:30)
 燃える雲 (東山・将軍塚) (2018-10-18 06:30)
 色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺) (2018-10-13 06:30)
 お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭) (2018-10-12 06:30)
 剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭) (2018-10-11 06:30)
 秋風が吹き出す頃(大原野神社) (2018-10-08 08:00)

この記事へのコメント
先日行った時、急にろうじ店舗が現れてタイムスリップしたみたいでした❗お酒を買って、お蕎麦を食べて来ました。とても美味しかった‼今度行った時もお蕎麦食べたいと思います。
Posted by ikuchan at 2018年09月20日 20:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。