京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年10月06日

時代を駆け抜けた美しい石橋 (亀岡老ノ坂・王子橋)

花崗岩で造られた美しいアーチ橋。




亀岡の老ノ坂トンネル付近にある保津川支流鵜ノ川に架けられた石橋です。





明治17年に造られ、京都への幹線道路だったであろうこの橋。




地元の人々が大切にしてきた橋は、今は遊歩道に。




現在は、山陰道と京都縦貫道を多くの車が通り過ぎていました。



(2018年9月24日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
空間に溶け込む風景(洛西・正法寺)
燃える雲 (東山・将軍塚)
色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺)
お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭)
剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭)
秋風が吹き出す頃(大原野神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 空間に溶け込む風景(洛西・正法寺) (2018-10-19 06:30)
 燃える雲 (東山・将軍塚) (2018-10-18 06:30)
 色づき出したくろ谷さん(金戒光明寺) (2018-10-13 06:30)
 お神輿が通る町 (粟田神社・粟田祭) (2018-10-12 06:30)
 剣鉾が舞う (粟田神社・粟田祭) (2018-10-11 06:30)
 秋風が吹き出す頃(大原野神社) (2018-10-08 08:00)

この記事へのコメント
趣きのあるいい橋ですね。
しげ
Posted by guildguild at 2018年10月06日 20:16
すごく時代を感じますね。王子橋を大切に残して欲しいですね。(タカ)
Posted by guildguild at 2018年10月06日 20:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。