京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年07月15日

荒縄たちが支える (四条烏丸・祇園祭)

荒縄の芸術!




鉾を支える荒縄たち!




祇園祭の山鉾は、荒縄だけで組み立てられます。




だから、あれだけ高い鉾が、ゆさゆさと揺れながらも倒れずに巡行できるのです。




昔から受け継がれた職人の技。




そこには、単なる技の継承だけでなく、「美の継承」が息づいています。


(2019年7月12日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年07月14日

曳き初めの日(四条烏丸・祇園祭)

祇園祭前祭の山鉾が建ちました。




各町内では、鉾の曳き初めです。




曳き初めを終えた鉾が鉾町に帰ってきました。




四条通りは祇園祭一色になりました。


(2019年7月12日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年07月12日

銀閣寺のような観音堂(勧修寺)

蓮の池の向こうに素敵なお堂。




観修寺の観音堂。




お堂には微笑みの素敵な観音様。




素敵なアジサイが、お供えのように周りに咲きます。




まるで池越しに見る銀閣寺のよう。
そう言えば、銀閣は観音殿です。


(2019年6月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年07月11日

半夏生からモミジまで(勧修寺)

色づいたモミジ 。




勧修寺に梅雨の晴れ間の風が流れます。




半夏生が美人にお化粧です。




その奥には睡蓮が咲きます。




いろんな花が楽しめまる勧修寺です。


(2019年6月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年07月10日

青アジサイの石の道(観修寺)

アジサイが咲く飛び石の道。




山科にある観修寺の飛び石は、アジサイの中を縦横無尽に走ります。




真っ青なアジサイだけが美しい境内。




お地蔵さんも青く染まりそうです。




青アジサイの中を丸い飛び石が走り抜けます。




梅雨真っ盛りに、青いアジサイが輝きます。


(2019年6月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年07月09日

輝く擬宝珠(東本願寺)

擬宝珠が光ります。




お釈迦様の骨壺である宝珠に似ていることから擬宝珠と呼ばれるようになったとか。




東本願寺の広い回廊には、たくさんの擬宝珠が。




京都タワーのすぐそばにある東本願寺は、大切なお祈りの場所です。


(2019年7月7日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年07月08日

触らんといてや!(祇園・花見小路)

触らんといてや!




祇園花見小路は観光客でいっぱいです。




最近、とみに目立つのは、「一力」さん前での舞妓さん待ち。




スマホ片手の外国観光客でごった返します。




舞妓さんに触るべからずです!
マナーを守ることが京都の、そして日本の文化ですから。


(2019年6月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年07月07日

願いを叶えて (北野天満宮)

七夕飾りが揺れます。




北野天満宮に飾られた笹が揺れます。




願いが叶うといいね!



いろんな願いが散りばめられた七夕飾り。




願いを叶えたまえ♬


(2019年6月20日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年07月06日

祇園祭への誘い(JR京都駅ビル・JR京都駅西口広場)

祇園祭の山鉾が勢揃いです。




JR京都駅西口にお目見えした祇園祭のPR展示ブース。




今年の巡行順に、提灯が並びます。




祇園祭を盛り上げる各山鉾の紹介コーナーも。




コンチキチンの祇園囃子が聞こえるJR京都駅です♬


(2019年7月4日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年07月05日

京の夏の訪れ (八坂神社・祇園祭)

「祇園祭」の大きな幟がたちました。




京都観光では最もメジャーな八坂神社の西楼門。




海外からのお客様に修学旅行生。




いろんな国からいろんな人が集まる多様性溢れる京都。




祇園祭は、京都の夏を引き寄せます。


(2019年6月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年07月04日

瓦の印象 (相国寺)

重なり合う瓦屋根。




美しい曲線を描く瓦屋根。




京都市内のど真ん中に位置する相国寺。




ここの印象は、素敵な瓦の数々。




牡丹のような華やかな瓦。




狛犬も睨みをきかせます。


(2019年6月11日撮影)  


Posted by Norichan at 10:00Comments(3)京の旅

2019年07月03日

青空の下、池の上で(平安神宮神苑)

平安神宮の神苑で結婚式のようです。




本殿を取り囲むように造られた約10,000坪の広大な池泉回遊式庭園。




その池に掛かる泰平閣。




まるで池に浮かぶ銀閣寺のようです。




青空の下、おめでたい1日です。


(2019年6月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年07月02日

光秀の眠る塚 (明智光秀公 首塚)

「光秀公」と記されたお社。




ここは、明智光秀の首塚。




この首塚には、光秀公の木像と位牌、そしてお骨が収められています。




謀反者という汚名を背負わされた光秀ですが、この老舗の和菓子屋「餅寅」さんが、代々首塚の世話をされてきました。




ちょうど6月末。
関西では、夏越の祓いに「水無月」を食べる風習があります。




私もここでお美味しい「水無月」と光秀の家紋の桔梗が光る「光秀饅頭」をいただきました。




来年の大河ドラマの主役は明智光秀。
どのような人間像として描かれるのか。
横を流れる白川沿いは、多分来年は大いに賑わうことでしょう。


(2019年6月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年07月01日

これからの半年を祈願して(護王神社)

大きな茅の輪をくぐります。




京都御苑の西側にある護王神社。
夏越の祓い。




足腰の神様としても知られています。




腰痛をおして、半年の穢れを祓いに。




あっという間の半年。
これからの半年をより素晴らしいものに!


(2019年6月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年06月30日

盛りを過ぎた杜若(平安神宮・神苑)

杜若が咲きます。




平安神宮神苑の杜若。




しかし、盛りを過ぎてしまいました。




尾形光琳の屏風絵のような杜若は、来年にお預けです。




そんな神苑も、やっと梅雨を迎えます。


(2019年6月22日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年06月29日

水鏡のもみじ(平安神宮・神苑)

アジサイともみじがコラボします。




平安神宮の神苑。




夏でも色づいたモミジが水面に映り込みます。




水鏡に映し出されたもみじとアジサイの共演。




鯉が跳ねて、水の輪が広がりました。


(2019年6月22日撮影)

  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年06月28日

半年の穢れを祓いたまえ(平安神宮・夏越の祓い)

大きな茅の輪の先には、大きな朱色の鳥居。




朱色の堂々たる平安神宮。




大きな茅の輪を見て説明書きを熱心に読む観光客。




そして、作法に従って、茅の輪をくぐります。
神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)が由来と言われる茅の輪くぐり。




半年分の穢れを落とし、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。


(2019年6月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年06月22日

しずくの音 (岩倉・岩倉実相院)

去年のモミジが沈んでいる手水舎。




しずくが優しい音をたてて「ポタン」と落ちました。




床モミジで有名な岩倉実相院。




雫は、冠になりました。


(2019年6月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年06月20日

雨が恋しいアジサイ達(東山・智積院)

純白のアジサイが太陽に眩しく輝きます。




東山にある智積院。




境内のアジサイ園は、今が見頃。




まだ梅雨入りせんげんの出ない関西。




雨が恋しいアジサイ達です。


(2019年6月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年06月15日

パン屋さんへ出発進行(京都府木津市・「パン・オ・セーグル」)

美味しいパンが焼けました。




店内には、幸せな焼き立てパンの香りでいっぱいです。




きょうの昼ご飯は、2階のイートインコーナーで、美味しいパンとコーヒー!
明日の朝のパンも買いました。




普通のパン屋と違うのは、なぜか店内に電気機関車があること。
昔、よく見たEF66の49号機。



木津市にある「パン・オ・セーグル」
店主の想いが形になった、めちゃくちゃ美味しいパン屋さんです。


(2019年6月6日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅