京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年05月23日

草の橋 (上賀茂・社家)

草の橋がかかります。




川のそばには、野の花が咲きます。




比叡山の見える上賀茂社家町。




草の橋のかかる明神川は、清らかに流れます。



  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年05月21日

アカマツに囲まれて(相国寺)

アカマツ並木の参道。




立派なアカマツがそびえます。




ここは、相国寺。
金閣寺や銀閣寺などの総本山。




アカマツに囲まれた静かな境内です。


(2019年5月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2019年05月20日

平安時代のカキツバタ咲く(上賀茂・大田神社)

美しい色彩のカキツバタが咲きます。




野生のカキツバタが群生します。




ここは、上賀茂神社の摂社の大田神社。




境内の大田の沢は、平安時代からほぼそのままの形に残されているとか。




平安時代に想いを馳せて観るカキツバタです。


(2019年5月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年05月19日

大きなクスノキ (上賀茂・藤木神社)

大きなクスノキが、枝を広げます。




ここは、上賀茂神社近くを流れる明神川にある藤木神社。





樹齢500年といわれる古木の下に祀られている社。




神秘的な神様の瀬織津姫神が、今にも降臨しそう。




そんな明神川のほとりです。


(2019年5月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年05月18日

聖なる社の聖なる雲(上賀茂神社)

聖なる社の鳥居をくぐります。




好き切った青空に浮かぶ白い雲。




朱色の上賀茂神社の楼門の上に、青空が広がります。




広い空を見上げていると、神様の力を感じます。


(2019年5月11日撮影)
  
タグ :上賀茂神社


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年05月17日

自然を感じて(上賀茂神社・ならの小川)

子供達が、自然を感じて水遊びです。




ここは、上賀茂神社の境内を流れる「ならの小川」




清く流れる神聖な小川。




神様の笑顔を感じながらのひと時です♫


(2019年5月11日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2019年05月16日

華麗な装束行列 (上賀茂神社・葵祭)

十二単衣の斎王代が、五月晴れの都を行きます。




馬に乗ったお付きの女性も、華麗な装束で乗馬です。




令和最初の葵祭。




藤の花咲く牛車も華やかです。




華やかな行列は、上賀茂神社まで続きました。




(2019年5月15日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年05月14日

水花火(山科聖天・双林院)

滝の水が跳ねて、まるで水の線香花火みたい。




東山から流れ出る水は、周りの音をかき消してくれます。




ここは山科聖天。
その滝の横には、お瀧不動尊が祀られています。




新緑の山科の聖天さんです。


(2019年5月7日撮影)



  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年05月13日

太陽の光(JR京都駅ビル)

午後の太陽が輝きます。




無機質な鉄の塊が太陽の光で輝き出す。




鉄の中の通路さえ、暖かさを感じてしまう。




太陽の光は、無機物にさえ命を与える。


(2019年4月25日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年05月12日

新緑もみじ(毘沙門堂)

太陽の陽射しを浴びるモミジ。



毘沙門堂の参道は、新緑一色です。



白壁に映える新緑モミジ。




藤の花も咲きました。




太陽の光をいっぱい吸い込む新緑モミジです。


(2019年5月7日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年05月04日

イチハツ咲くお社(上御霊神社)

アヤメ科の鳶尾(イチハツ)が華麗に咲きます。




応仁の乱勃発の地としても有名な上御霊神社。




今年の神幸祭では、上御霊神社と下御霊神社のお神輿がいっしょに京都御所まで巡幸されました。




5月18日には還幸祭が開催されます。




名残りの葉桜も見つけました。




(2019年4月23日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2019年05月03日

春をかける (大原)

大原の畑に見入る少年。




少年が、あぜ道をかけ始めました。




チュウリップも満開になったあぜ道。




のどかな大原の里です。


(2019年4月21日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年05月02日

大原の春 (大原)

温かい風が吹き抜ける大原。




高野川沿いの桜は、まだまだ自己主張します。




しかし、川面には散った花びらが花筏に。




本格的な春です。


(2019年4月21日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2019年04月27日

花びらの絨毯(大堰川・常照皇寺門前)

花びらが絨毯になりました。




京北の常照皇寺門前を流れる大堰川沿い。




この大堰川は、保津峡を経由して、桂川となります。




花吹雪が美しく舞っていました。


(2019年4月19日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年04月26日

まだまだ桜(京北町・宝泉寺)

京都の北部では、もう少し桜が楽しめます。




京北町にある金花山 宝泉寺。




境内には多くの枝垂れ桜が咲きます。




馬酔木もビンクに色を染めました。


(2019年4月19日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年04月25日

名残りの桜とモミジの花たち(大原・阿弥陀寺)

モミジの花が咲きました。




モミジの若葉が顔を出しました。




大原にある阿弥陀寺。




秋になると真っ赤に色づく山門前のモミジは、開花した花のおかげで色づきます。




名残りの桜とモミジが顔を揃えました。


(2019年4月21日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年04月24日

繰り返すことの素晴らしさ(京北井戸町・常照皇寺)

今年も咲いた里の枝垂れ桜。




京北の里にある常照皇寺門前の桜。




時代が移ろい流れても、そんな世相おかまいなしに、毎年可憐に咲く桜。




同じことを毎年繰り返すことの不思議さ。




でも、その繰り返しの素晴らしさ教えてくれるのは、毎年見るこの枝垂れ桜です。


(2019年4月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年04月23日

人知れず満開 (京北周山町森ノ下・枝垂桜)

枝垂桜に雪柳。




右京区京北周山町森ノ下。




立派な枝垂桜が人知れず満開です。




誰かに愛でられるわけでもなく、でも立派に咲く枝垂桜。




これから様々な花咲く季節です。


(2019年4月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2019年04月21日

名もなき素敵な枝垂れ桜 ( 京北下熊田町・下熊田公民館)

洒落たお家に枝垂桜。




ここは、右京区 京北下熊田町にある下熊田公民館。




素敵な枝垂桜が満開です。




道路わきには、スイセンが可憐に咲きます。




山里は華やかな春です。


(2019年4月19日撮影)
  

Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2019年04月20日

杉の中へ花吹雪(北区中川・北山杉)

花吹雪が杉林に舞い散ります。




北山杉の里。




京都市北区中川北山地区にも、春到来です。




風に合わせて、花びらが舞います。




もうすぐ新緑の季節です。


(2019年4月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅