京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年10月14日

素敵な夕暮れ(ハワイ・ワイキキ海岸)

地平線に太陽が沈みます。




1日の楽しみの余韻が残るワイキキ海岸。




どこまでも続く広い空と地平線。




ヨットがそろそろ帰帆です。


(2019年9月23日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)

2019年10月13日

大胆な焼き鳥(オアフ島・ノースショア)

大量の鳥が、グリルの上でぐるぐると回りながら焼かれます。




そばにはハトが!
まさかハトの丸焼き?




美味しそうな鶏も歩いています!




おおらかなアメリカ。




ローストチキンはやめて、コーヒーだけ飲みました。


(2019年9月23日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)

2019年10月12日

大波に乗る(オアフ島・ノースショア)

サーファーが大波に乗ります。




オアフ島の北側にあるハレイワビーチパーク。




ちょっと大きな波を狙ってサーファーが集まります。




小さな女の子もれっきとしたサーファー。
「私も波に乗りに行こうっと!」




みんな、それぞれの波に乗ります。


(2019年9月24日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)

2019年10月11日

祝福の花びら舞う(ハワイ・オアフ島)

新郎新婦に祝福の花びらが舞います。




教会に到着したカップル。




静かに教会へ。




永遠を誓った二人を花びらが迎えます。




ドレスのトレーンに、祝福の花が咲きました。


(2019年9月23日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)

2019年10月10日

光る海 (ハワイ・ワイキキ海岸)

海が光り輝きます。




まるで黄金のよう。




夕日に映える波打ち際。




ゆったりした時間をたっぷりと満喫する人々。




時間は、夕日とともに、ゆっくりと進みます。


(2019年9月22日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(3)

2019年10月09日

ゆっくりの時間(ハワイ・ワイキキ海岸)

影が長く伸びます。




ワイキキビーチの午後。




もうしばらくは泳げそう。




常夏の一日は、ゆっくりと過ぎます。


(2019年9月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)

2019年10月08日

おいしそうな綿菓子(ハワイ上空)

おいしそうな綿菓子がいっぱいです。




ハワイ上空の雲の上。




真っ青な空と真っ白な雲。




ハワイで綿菓子売れるだろうな♬


(2019年9月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)

2019年10月07日

海岸で憩う(ハワイ・ワイキキ海岸)

波打ち際で憩う女の子。




ここは、ハワイのワイキキ海岸。




海で遊んだおチビさんがシャワーです。





何気ないワイキキの風景。




気持ち良い風が流れます。


(2019年9月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)

2019年06月19日

ワールドカップへトライ(東大阪・花園ラグビー場)

マンホールが「ラグビーワールドカップ2019」




開幕まであと3ヶ月となった花園ラグビー場。




近鉄の東花園駅も、素敵にラガーマンを待ちます。




街の歩道には、スクラムを組む姿が。




和菓子も花ラグ饅頭。




熱戦の待たれる花園ラグビー場です


(2019年6月15日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)

2019年06月18日

素敵な歌と繊細な筆が描き出す風景 (東大阪・ブライアンウイリアムズ展)

市民ホールに置かれた一枚のキャンバスから、素敵なドラマが生まれました。




東大阪市民美術センターで開催されたブライアン・ウイリアムズ展。
(※:この展覧会は2019年6月16日に終了しました)




会期末に開かれたのは、ジャズとのコラボによるパフォーマンス。




有名なジャズミュージシャンの奏でる音楽を聴きながら、即興でイメージを絵にしていきます。




演奏に耳を傾けてながら、イメージを膨らませるブライアンさん。
素敵な歌と繊細な筆が、叙情的な風景を描き出していきます。




40分の演奏で、彼のイメージする風景が現われました。




一緒に作り上げられた絵は、素敵な歌声でブライアンさんをサポートしたジャズシンガーのMisuzuさんにプレゼント。




そんなブライアン・ウイリアムズさんの素敵な風景画の世界に浸れた1日でした。


(2019年6月15日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)

2019年06月17日

シカさん、こんにちは (奈良・奈良公園)

シカさん、こんにちは。




奈良公園で佇むシカ達。




親子のシカが仲睦まじく日向ぼっこです。




女の子は、シカさんとお友達になりました♬


(2019年6月6日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(1)

2019年06月16日

朱色の印象 (奈良・平城京跡)

朱雀門が堂々と佇みます。




広大な平城京跡の再建された朱色の朱雀門。




朱雀が大きく羽を広げます。




華やかな朱色。




門が閉まると、より朱色が目立ちだしました。


(2019年6月6日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)

2019年05月06日

心に響く(高槻市・高槻ジャズストリート)

素晴らしいテナーサックスが、私の心を響かせます。




力強いベースの響き。




そして、ドラムが心地よくリズムを刻みます。





高槻ジャズストリート。




素晴らしいミュージシャンが、音の競演です!


(2019年5月4日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)音楽

2019年03月25日

二脚のイスに咲く花(東京・庭園美術館)

芝生の庭園に置かれた二脚の椅子。




ここは、東京都立庭園美術館。
「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」が開催されています。
この展覧会では、コラージュ作品のイメージの源泉となった当時のファッションにもスポットが当てられ、京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵の1950年代の衣服も展示されています。




ここは、旧朝香宮邸で、アール・デコ様式が満載です。




玄関には、ルネラリックのガラス扉が印象的です。




庭園には、いろんな草花が咲きます。




いつしか二脚の椅子には、素敵なカップルが、花を咲かせました。


(2019年3月19日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(5)

2018年12月20日

変わりゆく海岸線(宮城県・仙石線)

トンネルの向こうに見えるは、♪ああ松島や松島や♪




しかし、以前まで風光明媚だった海岸線には、背の高い防潮堤が景色を遮ります。




陸前大塚駅には、「津波避難場所」の案内板。




高台にあるお寺から、松島湾が望めます。




近くの牡蠣の加工場には、美味しそうな牡蠣とその貝殻が積まれてありました。
着実に復興の景色です。


(2018年11月24日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)

2018年12月19日

大正ロマンを感じながら(山形県・銀山温泉)

雪が積もりだした温泉場に、湯気が立ち上ります。



大正ロマン溢れる銀山温泉。




古き良き時代を彷彿とさせる温泉場です。




過去の風情を大切にしながら、新たな時代を歩き続ける温泉です。


(2018年11月24日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)

2018年12月18日

囲炉裏端 (宮城県・白石市)

囲炉裏に吊るされた鉄器急須。




ここは、宮城県白石市に残る武家屋敷旧小関家。




暖炉を囲んでの語らい。




そんな昔を鉄器急須が語ってくれます。


(2018年11月24日撮影)  


Posted by Norichan at 07:00Comments(1)

2018年12月17日

鳥になった気分で (山形県・仙山線山寺駅付近)

天空のお堂からの景色は、まるで鳥になった気分です。




電車が鉄橋を渡ります。




ここは、山寺の五大堂。




五大堂からの眺めは、まるで空からの俯瞰のようです。




仙山線山寺駅を発車した電車は、名残りの紅葉の中へ走り去って行きました。


(2018年11月24日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)

2018年12月16日

路傍の石仏(山形県・山寺)

名残りの紅葉が残る山寺への道。




路傍の石仏が迎えてくれます。




山寺の名で有名な立石寺。
1000段以上の石段を登る道すがら、石仏が微笑みかけます。




様々な表情の石仏たち。




石仏を拝みながら、本堂へ導いてくれます。




小さな石仏は、大きな岩の上。
その岩は、地球の上。
どれだけ走り回っても、我々は仏の手の中なのかもしれません。


(2018年11月24日)  


Posted by Norichan at 09:40Comments(2)

2018年12月15日

岩にしみ入る紅葉 (山形県・山寺)

断崖に建つ納経堂。




山の上に建つ五大堂。




山寺の名で有名な立石寺は、岩の中です。




途中で険しい山道をゆく初老の旅人に出会いました。




松尾芭蕉が、紅葉の中に佇んでいました。


(2018年11月24日撮影)  


Posted by Norichan at 07:00Comments(2)