京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年11月03日

「天平の甍」(唐招提寺金堂平成大修理現場見学)

国宝唐招提寺金堂の平成大修理現場見学会に行った来ました。
このイベントは、11月2日(金) 3日(土・文化の日) 4日(日)の三日間だけ。
「天平の甍」そのものを、目の前で見ることができました。
http://www.toshodaiji.jp/shuri_gaiyou.html


唐招提寺金堂の修理工事は、平成12年から行われています。
今回、屋根の葺き替えも終わり、8月末に鴟尾(しび)(瓦葺屋根の大棟の両端につけられる飾り)開眼法要が終わりました。
そこで、工事中の足場に登って、屋根を目の前にして、瓦や鴟尾、そして、普通ではまず見ることのできない屋根を四隅で支える「隅鬼」の木造彫刻までが、目の前で見ることが出来ました。

この工事が終了するのは、あと2年後の平成21年の秋だそうです。
その年が、唐招提寺創建1250年にあたるそうです。
一般公開はまだ2年先とかなり先なのですが、唐招提寺自体は1250年前に出来たと思うと、「時の長さ」を感じす。
そして、我々の一生なんて、本当に短いものなんだと、「時の重さ」を感じました。










  

Posted by Norichan at 20:00Comments(0)