京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月20日

きゅうりに痛みを封じます (五智山蓮華寺)

仁和寺の横にある五智山蓮華寺。
土用の丑の日に行われる「きゅうりふうじ」
弘法大師1200年の秘伝です。




使われるきゅうりは、本場の「嵯峨産」
このきゅうりに、名前と数え年と願い事を書きます。




そして、そのきゅうりをご祈祷してもらいます。




これが、私のきゅうりです。
肺と心臓の手術のあとが痛いので、胸の痛みが取れますようにとお願いしました。




これは、弘法大師がきゅうりに疫病を封じ、五智不動尊に病気平癒を祈願したことにちなんで行われます。
ご祈祷後のきゅうりは持ち帰り、体の悪いところをそのきゅうりでなでて 治癒を願います。
その後、きゅうりを土中に埋めるか、川に流すことで、痛みが取れるそうです。

3日後が楽しみです。
そんな土用の丑の京都の行事です。

  

Posted by Norichan at 17:00Comments(2)京の旅