京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年11月10日

平安の世と同じ昼下がり (東寺)

秋の空に五重塔がそびえます。




今も昔も、ひとは空を目指します。




世界遺産の東寺。
この五重塔は、木造の建築物としては日本一の高さを誇ります。




塔の心柱は大日如来に見立てて、天に向かっています。




平安の時代には、東寺と西寺がそびえ立ち、壮大な羅城門から朱雀門まで朱雀大路が伸びていました。




ふと平安の時代にタイムスリップした秋の昼下がりです。




  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅