京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年03月14日

万が一のために (大津・びわ湖ホール避難訓練コンサート)

東日本大震災から5年。
もしも、劇場で公演を観ているときに災害が発生したら・・・
そんな想定で行われたのが、「避難訓練コンサート」




コンサートは、オペラ 『ヘンゼルとグレーテル』 のスーパーハイライト。
ヘンゼルとグレーテルがイチゴ摘みに出かけて森の中で眠ったところで、地震が発生!




同時に、火災も発生したという想定で、観客は、ホール職員の誘導で避難開始・・・
琵琶湖の見える屋外へ・・・




人数の確認も行なわれ、避難訓練終了。
耐震構造のホールでも、東日本大震災のような大地震が来たら、かなりの揺れになると思われます。
琵琶湖周辺にも、何本もの活断層があります。
そして、推定震度マグニチュード9.0といわれる南海トラフ巨大地震の可能性も。

その時~
ドアは本当に開くのか・・・
照明が落ちて真っ暗にならないのか・・・
一部の観客がパニックを起こさないか・・・これが一番怖いかもしれません。




そして訓練終了後、続きのオペラを鑑賞。
ふたりを食べようとしていた魔女は、囲炉裏の中に放り込まれました。




幸いにも、本当の地震は起こりませんでした。
でも、「万がゼロ」ではありません!
「万がいち」です。
その「いち」は回避できません。
人間の力ではどうすることもできない自然の威力には、立ち向かうのではなく、起きた時にどう対応するかの対応力に磨きをかけることが一番大切なのでは・・・と感じました。


(2016年3月12日撮影)  

Posted by Norichan at 07:00Comments(0)私の思い琵琶湖のほとり