京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年06月18日

素敵な歌と繊細な筆が描き出す風景 (東大阪・ブライアンウイリアムズ展)

市民ホールに置かれた一枚のキャンバスから、素敵なドラマが生まれました。




東大阪市民美術センターで開催されたブライアン・ウイリアムズ展。
(※:この展覧会は2019年6月16日に終了しました)




会期末に開かれたのは、ジャズとのコラボによるパフォーマンス。




有名なジャズミュージシャンの奏でる音楽を聴きながら、即興でイメージを絵にしていきます。




演奏に耳を傾けてながら、イメージを膨らませるブライアンさん。
素敵な歌と繊細な筆が、叙情的な風景を描き出していきます。




40分の演奏で、彼のイメージする風景が現われました。




一緒に作り上げられた絵は、素敵な歌声でブライアンさんをサポートしたジャズシンガーのMisuzuさんにプレゼント。




そんなブライアン・ウイリアムズさんの素敵な風景画の世界に浸れた1日でした。


(2019年6月15日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)