京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年06月28日

半年の穢れを祓いたまえ(平安神宮・夏越の祓い)

大きな茅の輪の先には、大きな朱色の鳥居。




朱色の堂々たる平安神宮。




大きな茅の輪を見て説明書きを熱心に読む観光客。




そして、作法に従って、茅の輪をくぐります。
神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)が由来と言われる茅の輪くぐり。




半年分の穢れを落とし、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。


(2019年6月22日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅