京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年01月31日

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)

山科から東山を越える日ノ岡峠は、東海道で逢坂山を越えたあと京都の市内に入る最後の峠でした。
江戸時代、ここを牛車(ぎっしゃ)が荷物を運ぶ道になっていて、牛車の車がちょうど通るレールのような石が敷き詰められていました。
その石が「車石」。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)


重さ300kgの牛車に米俵9俵(540kg)を載せた牛車が、年間二万輌以上往来していたそうです。
雨が降るとぬかるんで動かなくなる牛車。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)


そこで、敷設されたのがこの車石。
年間二万輌以上も往来することでえぐられ、丸く深い溝をつくっていったのだそうです。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)


明治に入って、近代的な道に整備され、車石は道路の溝石や峠道の保護壁などに転用され、日ノ岡峠には、今もその車石が壁に使用されています。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)


この交差した石は、たぶん交差点のようなところに設置されていた車石でしょうか。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)


右の石垣にも、多くの車石が使われています。
日ノ岡峠は、今も多くの車がひっきりなしに通過していきます。

日ノ岡峠を牛車が通る (山科日ノ岡峠)






同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
昔の風情を感じながら(新町通・祇園祭山鉾巡行)
宵山の宴 (四条烏丸・祇園祭宵山)
デパートで山鉾巡行 (四条烏丸・大丸京都店)
荒縄たちが支える (四条烏丸・祇園祭)
曳き初めの日(四条烏丸・祇園祭)
銀閣寺のような観音堂(勧修寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 昔の風情を感じながら(新町通・祇園祭山鉾巡行) (2019-07-18 06:30)
 宵山の宴 (四条烏丸・祇園祭宵山) (2019-07-17 06:30)
 デパートで山鉾巡行 (四条烏丸・大丸京都店) (2019-07-16 06:30)
 荒縄たちが支える (四条烏丸・祇園祭) (2019-07-15 06:30)
 曳き初めの日(四条烏丸・祇園祭) (2019-07-14 06:30)
 銀閣寺のような観音堂(勧修寺) (2019-07-12 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。