京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2007年02月18日

京都国際会議場にて(京都議定書)

京都国際会議場にて(京都議定書)

昨日は、京都国際会議場へ行って来ました。
今までは、外国人が「KYOTO」といって思い浮かべるのは舞妓さんだったかもしれません。
でも、今はきっと「京都議定書」 (気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書)を思い浮かべると思います。

地球温暖化の原因となる温室効果ガスを、先進国における削減率を1990年基準として各国別に定めました。
日本は、2008年~2012年の間に、マイナス6%減らさないといけません。
この議定書は、2年前の2005年2月16日に発効たのですが、現状は非常に厳しいものがあります。

昨日のイベントは、議定書が採決された「京都国際会議場」で開催されている「気象変動に関する世界市長・首長協議会京都会議」のイベント。
京都国際会議場にて(京都議定書)
「脱温暖化フォーラム」考えよう、地球環境のためにできること

女優の星野知子さんもパネリストで参加され、今の現状は楽観できるのか?何ができるか?といったことについて話されました。

それぞれの役割の中で実践できることを行うことが大事。
憲法の中に、地球環境の改善のために日本はこんなことをします、ということを明記したらどうかとの提案もありました。
環境破壊の戦争に加担できるような憲法改正でなく、環境破壊を食い止めるための思いを伝えてこそ、美しい国日本の憲法だと思いました。

そして、エコロジーなことをすると「得」をするような経済システムも作ることも必要。
人間は褒められることがうれしいです。
ダメなことをして罰するというより、良いことをしてご褒美が貰えるほうが嬉しいです。
CO2を出さなかったら得をする、エコな生活をしたら得をするといったシステム作りも必要だと思います。

そして、何よりも、ひとりひとりでできることから実践していくこと。

これが結局結論になります。

あの「京都国際会議場」の1800人が入れるメイン会議場が満員でした!
ひとりひとりの積み重ね、大切にしたいですね!



同じカテゴリー(私の思い)の記事画像
万が一のために (大津・びわ湖ホール避難訓練コンサート)
一希一灯会「献灯」で思う (浜大津・おまつり広場)
残ってるだけマシなのかな (梅小路公園)
素敵な音楽でのつながり (メタルアート)
今年も初日の出!
お店の中は紅葉真っ盛り (東京赤坂・創や)
同じカテゴリー(私の思い)の記事
 万が一のために (大津・びわ湖ホール避難訓練コンサート) (2016-03-14 07:00)
 一希一灯会「献灯」で思う (浜大津・おまつり広場) (2016-03-11 07:00)
 残ってるだけマシなのかな (梅小路公園) (2016-02-16 07:00)
 素敵な音楽でのつながり (メタルアート) (2016-01-18 07:00)
 今年も初日の出! (2016-01-02 18:00)
 お店の中は紅葉真っ盛り (東京赤坂・創や) (2015-11-15 07:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。