京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2006年09月10日

マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展

MARIA1.JPG

きょうは、京都文化博物館で開かれている「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展」へ行ってきました。
昨日の今日でも、からだは「スーパーマン」です!
10月9日までなんですが、明日からはばたばたと忙しくなるので…

この京都文化博物館本館自体は1988年にできたのですが、それと続きになっている別館が、旧日本銀行京都支店で、重要文化財に指定されている建物です。
この建物を見るだけでも価値があります。
内部はその当時のままで、窓口の木には、落書きみたいのが残っています。

本題の「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展」は、女帝として、そして母として、生き抜いた女性の姿が十分画かれていました。
16人の子供を生んだというのですから、すごい母です。
女帝である間は、たぶん多くの時間、妊娠中だったんでしょうね。
当時の医療事情から、元気に育ったのはそれでも10名。
その末娘が、あのマリー・アントワネットなんです!

女性としてはじめてオーストリア・ハプスブルク家を継承し、その継承をめぐっては、傑出した手腕によって軍隊の指揮を執り、戦乱を平定。
女帝であり、女であり、母親であり、だから、オーストリアの近代化の母なんですね。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special.html

同じカテゴリー()の記事画像
ワールドカップへトライ(東大阪・花園ラグビー場)
素敵な歌と繊細な筆が描き出す風景 (東大阪・ブライアンウイリアムズ展)
シカさん、こんにちは (奈良・奈良公園)
朱色の印象 (奈良・平城京跡)
心に響く(高槻市・高槻ジャズストリート)
二脚のイスに咲く花(東京・庭園美術館)
同じカテゴリー()の記事
 ワールドカップへトライ(東大阪・花園ラグビー場) (2019-06-19 06:30)
 素敵な歌と繊細な筆が描き出す風景 (東大阪・ブライアンウイリアムズ展) (2019-06-18 06:30)
 シカさん、こんにちは (奈良・奈良公園) (2019-06-17 06:30)
 朱色の印象 (奈良・平城京跡) (2019-06-16 06:30)
 心に響く(高槻市・高槻ジャズストリート) (2019-05-06 06:30)
 二脚のイスに咲く花(東京・庭園美術館) (2019-03-25 06:30)

Posted by Norichan at 22:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。