京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年11月14日

茅葺の素朴さ (常照皇寺)

常照皇寺の方丈は茅葺屋根です。

茅葺の素朴さ (常照皇寺)


そんな素朴な方丈を、鮮やかなもみじがやさしく包みます。

茅葺の素朴さ (常照皇寺)


開山堂から方丈に続く素朴な廊下の前に、華やかな色彩が広がります。

茅葺の素朴さ (常照皇寺)


方丈の前にある勅使門は、何と素敵なのでしょうか。

茅葺の素朴さ (常照皇寺)


方丈からのもみじは、「雅」という表現がぴったりです。

茅葺の素朴さ (常照皇寺)





同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
もみじ萌え出す(大原・阿弥陀寺)
太陽は芸術家 (山科・毘沙門堂)
彩りの中の水絵 (東本願寺前)
夕陽が光り差す(東本願寺)
秋色の京都タワー (JR京都駅前・京都タワー)
朱色に映える (山科・毘沙門堂)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 もみじ萌え出す(大原・阿弥陀寺) (2019-11-18 06:30)
 太陽は芸術家 (山科・毘沙門堂) (2019-11-17 06:30)
 彩りの中の水絵 (東本願寺前) (2019-11-16 06:30)
 夕陽が光り差す(東本願寺) (2019-11-14 06:30)
 秋色の京都タワー (JR京都駅前・京都タワー) (2019-11-13 06:30)
 朱色に映える (山科・毘沙門堂) (2019-11-12 06:30)

この記事へのコメント
茅葺き屋根の方丈とは、古いお寺さんなんでしょうね。

鮮やかな紅葉が目にも鮮やかです ♪
Posted by 雪童子 at 2012年11月14日 22:10
雪童子さんへ♪

こんばんは。
アクセスありがとうございます。
この常照皇寺は、皇室を施主とするお寺なのです。
この寺の開山は、南北朝時代に北朝初代の天皇となった光厳上皇です。
光厳上皇はとても質素な生活をされた方のようです。
ですから、方丈も茅葺だったのでしょう。
”杉や桧や松の木々、野鹿も猪子も子兎も、みんな健気に生き継ぐ命、そして自分もその仲間である”
そう言われたそうです。
Posted by NorichanNorichan at 2012年11月15日 00:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。