京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年03月17日

はねず咲く (隨心院)

隨心院の梅林は、盛りを過ぎました。

はねず咲く (隨心院)


隨心院の梅ははねず色。

はねず咲く (隨心院)


「はねず」とは薄紅の梅のことで、隨心院の紅梅も古くからこの名で親しまれています。

はねず咲く (隨心院)


3月27日に行われる「はねず踊り」
はねず踊りは、小野小町と彼女を慕った深草の少将の物語を、二人に扮し華やかな衣装に身をつけた少女たちが踊るもの。

はねず咲く (隨心院)


梅の盛りは過ぎましたが、はねず色の衣装が、梅花以上に華やかに舞うことでしょう。

はねず咲く (隨心院)
(2016年3月17日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
かがり火、揺れる (左大文字)
十六夜の大文字 (丸太町・大文字送り火)
松明に導かれ(左大文字・送り火)
窓の外の風景(京都国立近代美術館)
かがり火揺れる京の七夕(堀川通り)
朱色の印象 (平安神宮)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 かがり火、揺れる (左大文字) (2019-08-19 06:30)
 十六夜の大文字 (丸太町・大文字送り火) (2019-08-18 06:30)
 松明に導かれ(左大文字・送り火) (2019-08-17 07:00)
 窓の外の風景(京都国立近代美術館) (2019-08-14 06:30)
 かがり火揺れる京の七夕(堀川通り) (2019-08-13 06:30)
 朱色の印象 (平安神宮) (2019-08-12 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。