京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年02月25日

あうんの鶴がお出迎え (妙心寺)

入口の瓦の家紋。
この家紋に描かれているのは、「向かい鶴」
この鶴は、「あうんの鶴」です。




ここは、妙心寺の塔頭寺院の大雄院。
石河紀伊守光元の菩提を弔うために創建されたお寺で、向かい鶴は、石河家の家紋。




庭園の枯山水は、スギゴケとスナゴケの二種類の苔を用いて、水の流れを表しています。




梅雨ごろには、もっと緑が美しいことでしょう。




枯山水庭園の横には、池泉式庭園も・・・




そんな「京の冬の旅」です。


(2017年2月21日撮影)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮)
舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒)
御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑)
飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮)
もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社)
逸話が息づく町 (矢取地蔵寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮) (2019-03-16 06:30)
 舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒) (2019-03-15 06:30)
 御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑) (2019-03-14 06:30)
 飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮) (2019-03-13 06:30)
 もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社) (2019-03-10 06:30)
 逸話が息づく町 (矢取地蔵寺) (2019-03-09 10:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。