京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年07月27日

御神輿の静と動 (烏丸通佛光寺・祇園祭還幸祭)

祇園祭の還幸祭。
錦市場を抜けてきたお神輿が、烏丸通に鎮座し、担ぎ手も静かに座ります。




お神輿の前方にあるのは、八坂神社大政所御旅所。
かつての御旅所があった場所。




今は小さな祠があるのみですが、今もこの前で、静かに祈りを捧げます。




烏丸通蛸薬師にある御手洗井も、この時期だけ開けられ、神水が振る舞われます。




お参りが終わると、再び担ぎ手によって、神輿は激しく差し上げられて神様と一体になります。




そして、男衆が神様とつながりながら、八坂神社を目指していきました。


(2018年7月24日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
借景の寺に咲く(岩倉・妙満寺)
紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮)
舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒)
御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑)
飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮)
もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 借景の寺に咲く(岩倉・妙満寺) (2019-03-26 07:00)
 紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮) (2019-03-16 06:30)
 舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒) (2019-03-15 06:30)
 御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑) (2019-03-14 06:30)
 飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮) (2019-03-13 06:30)
 もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社) (2019-03-10 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。