京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年08月08日

御手洗川に清められ  (北野天満宮・御手洗川足つけ燈明神事)

北野御手洗神事。




旧暦の京の七夕。




北野天満宮では、御手洗川足つけ燈明神事が行われます。




ろうそくを手に持って、御手洗川の中を渡ります。




途中で、ご燈明に灯します。




そして、御手洗川から上がって、残り火を奉納。




「彦星の行あひを待つかささぎの渡せる橋をわれにかさなむ」 菅公御歌




"彦星でさえ一年に一度、天の川にかかる鵲(カササギ)の橋を渡って織姫に会えるのに、その橋を私にも貸して欲しい"
そんな思いを伝える北野天満宮の七夕です。


(2018年8月4日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
借景の寺に咲く(岩倉・妙満寺)
紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮)
舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒)
御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑)
飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮)
もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 借景の寺に咲く(岩倉・妙満寺) (2019-03-26 07:00)
 紅梅 白梅 青空に咲く (北野天満宮) (2019-03-16 06:30)
 舞妓さんも集う茶ろん (上七軒・茶ろん上七軒) (2019-03-15 06:30)
 御土居に咲く梅 (北野天満宮・梅苑) (2019-03-14 06:30)
 飛梅の香り飛ぶ(北野天満宮) (2019-03-13 06:30)
 もうすぐ会える我が子を思って (わら天神・敷地神社) (2019-03-10 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。