京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年02月10日

綿ぼうし被る(大津市葛川坊村町・葛川寺 息障明王院)

灯篭が綿帽子を被ります。




比良山系の山間にある葛川寺 息障明王院。




朱色のお堂の周りにも雪が積もります。




新芽にも雪帽子。




厳しい寒さも、もう少し続く山間のお寺です。


(2019年1月29日撮影)



同じカテゴリー(琵琶湖のほとり)の記事画像
夕陽の軌跡 (彦根湖畔)
おとぎの世界のお家(鳥居本駅)
お宮参り(野洲・御上神社)
早朝の空気を吸って (瀬田川橋梁・北びわこ号回送)
煙を吐いて (米原駅・北びわこ号)
湖面に漂う(草津・琵琶湖畔)
同じカテゴリー(琵琶湖のほとり)の記事
 夕陽の軌跡 (彦根湖畔) (2019-03-19 06:30)
 おとぎの世界のお家(鳥居本駅) (2019-03-18 06:30)
 お宮参り(野洲・御上神社) (2019-03-17 07:00)
 早朝の空気を吸って (瀬田川橋梁・北びわこ号回送) (2019-03-12 06:30)
 煙を吐いて (米原駅・北びわこ号) (2019-03-11 06:30)
 湖面に漂う(草津・琵琶湖畔) (2019-02-24 07:00)

この記事へのコメント
雪景色いいものですね!
日常とは違う景色ですね。

みのる
Posted by guildguild at 2019年02月10日 20:43
寒そうですね〜
でも嫌いじゃないです!
しげ
Posted by guildguild at 2019年02月10日 20:45
やっぱり滋賀の方が雪が降りますね。
すごく静かな様子が伝わってきます。
山崎
Posted by guildguild at 2019年02月10日 23:33
このお寺は、紅葉の時期に、朽木へのドライブで通って素敵だったところです。
さすがに観光客もなく、除雪車が仕事中でした!
Posted by NorichanNorichan at 2019年02月11日 21:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。