京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2019年02月18日

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)

梅の花が咲きました。
あらゆる花のさきがけとなって、でも謙虚に咲いています。

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)


同志社大学の構内に、梅の香りが漂います。

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)


赤い煉瓦造の建物に、白梅が映えます。

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)


紅梅は華やかに香りだちます。

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)


「庭上の一寒梅」
この季節に同志社大学を訪れると、ついこの漢詩を口ずさみます。

庭上の一寒梅(烏丸今出川・同志社大学)
(2019年2月9日撮影)


「庭上の一寒梅」 作詞:新島襄

庭 上 一 寒 梅     ていじょうのいちかんばい
笑 侵 風 雪 開     わろおてふうせつをおかしてひらく
不 争 又 不 力     あらそわずまたつとめず    
自 占 百 花 魁     おのずからしむひゃっかのさきがけ

『庭先にある一本の早咲きの梅が、きびしい風や雪の寒さにもめげず笑うが如くに開いている。
一番咲きを争うこともなく、また特に努力するでもないが、それでいてあらゆる花のさきがけとなって咲いている。
まことに謙虚な姿であり人もこうありたいものである。』

この漢詩は、同志社の創立者である新島襄が1890年最期を間近に詠んだといわれる漢詩。



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
松明に導かれ(左大文字・送り火)
窓の外の風景(京都国立近代美術館)
かがり火揺れる京の七夕(堀川通り)
朱色の印象 (平安神宮)
One Purpose Doshisha (烏丸今出川・同志社大学寒梅館)
お洒落な小学校(京都芸術文化センター・旧明倫小学校)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 松明に導かれ(左大文字・送り火) (2019-08-17 07:00)
 窓の外の風景(京都国立近代美術館) (2019-08-14 06:30)
 かがり火揺れる京の七夕(堀川通り) (2019-08-13 06:30)
 朱色の印象 (平安神宮) (2019-08-12 06:30)
 One Purpose Doshisha (烏丸今出川・同志社大学寒梅館) (2019-08-08 06:30)
 お洒落な小学校(京都芸術文化センター・旧明倫小学校) (2019-08-07 06:30)

この記事へのコメント
本当に素敵な大学ですネ❗
中に入りたかったのですが、事前申し込みが必要だとか~。昨年は外から眺めて来ました。新島襄の漢詩、いいですね。何時も色々と勉強になります。ありがとー‼
Posted by ikuchan at 2019年02月18日 19:29
桜もいいですが、梅の控えめなところがいいですね!
しげ
Posted by guildguild at 2019年02月18日 22:21
学内に入るには許可がいると書いてあって警備員が立てますが、一応ポーズです(笑)
梅は桜より香りが芳しいのが好きです。
花が控えめな分、香りは控えていません!
Posted by Norichan at 2019年02月21日 08:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。