京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年09月20日

格子戸がいっぱい (京都文化博物館)

京町家というと格子戸。




格子戸にもいろんな種類があります。




ここは、江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」




いろんな格子戸のあるお店を散策していると、昔の風情を感じます。




そんな面白い空間が京都文化博物館にあります。


(2018年9月17日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月18日

銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo )

高くて豪華な天井の広がるホール。




ここは旧日本銀行京都支店。




現在は、重要文化財の京都文化博物館別館として公開されています。




1965年(昭和40年)まで銀行業務が行われていたスペースで、きょうはジャズコンサート「Jazz at Sanjo」




素敵なジャズピアニスト大野綾子トリオが音合わせの最中です。




天井近くの高いところの通路は、昔、監視官が監視のために歩いていた通路とか。




そんな広い空間に、素敵なジャズが響き渡りました♪




音楽は、副作用ない素晴らしいクスリです。
素敵な午後をありがとう。


(2018年9月17日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2018年09月16日

素敵な空間 (京都国立近代美術館)

奥行きのあるスペースに作品が光ります。




休憩スペースの向こうには琵琶湖疏水の流れ。




京都国立近代美術館は、館内全体が美術館です。




琵琶湖疏水を眺められるカフェもおしゃれ。




さあ、東山魁夷の世界へ駆け上がります!


(2018年9月8日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2018年09月15日

素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸)

素敵な幾何学模様の窓が創る空間。
ここは洗面場でしょうか。




お風呂も素敵な空間を形創ります。




ここは、旧三井家下鴨別邸。




影さえも応用するのは先人たちの造形美。




庭の景色をも絵画に変えてくれる窓たちです。


(2018年8月25日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2018年09月14日

素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸)

素敵な欄干のある部屋。




欄干の向こうには、素敵な庭園が広がります。




ここは、下鴨神社のすぐ近くにある旧三井家下鴨別邸。




この二階に、この素敵な欄干はあります。




風が吹き抜けるこの部屋は、今年は少々暑かったです。


(2018年8月25日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月13日

ひとしずくの波紋(妙満寺)

ひとしずくが落ちました。




手水舎から落ちる一滴が、同心円を描き出します。




そのひとしずくが描き出す美しい波紋。




落ちる一滴、飛び上がる一滴。




繰り返されるその一滴の美しさに、見入ってしまいます。




妙満寺の手水舎。




自然が生み出すものは美しい!


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2018年09月12日

遥かなる比叡山を借景にして(妙満寺)

境内の中から、遥かなる比叡山を眺めます。




岩倉幡枝にある妙満寺。




青空の広がる向こうに見える比叡山。




白い雲が、青空を自由に飛び回っています。


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(3)京の旅

2018年09月11日

あお色の魁夷の世界へ (京都国立近代美術館・東山魁夷展)

屋外に、あお色の襖絵が現れました。




東山魁夷が描いた唐招提寺御影堂の障壁画の一部です。




京都国立近代美術館で開催されている「東山魁夷展」




代表作の一つの「道」も展示されています。




さあ、「あお」の世界に会いに行きましょう。


(2018年9月8日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2018年09月10日

バイクに囲まれて (岩倉木野・マックさんの家)

ロードを駆け抜けたバイク。




ここは、木野にある「マックさんの家」




玄関にも往年のバイクがお出迎えです。




きょうのお昼はドリアです。




テーブルの横には、木造りのバイク。




ライダーたちの溜まり場に、また一台のバイクが到着です♪




目の前のバイクを眺めながらのランチです♪


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月09日

平安楽市 (平安神宮・岡崎公園手づくり市)

平安神宮の参道にいろんなテントが並びます。




毎月第二土曜日に開催される手づくり市の「平安楽市」




想い想いの手作りmp品が並び、外国観光客も楽しんでいます。




そんな岡崎公園の平安神宮前です。


(2018年9月8日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月08日

涼風の中(圓光寺)

窓から吹き込む涼風の中。




すだれは適度な涼風を伝えてくれます。




異常に暑かった今年の夏。




秋風はもうすぐそこまで来ています。


(2018年8月26日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2018年09月07日

緑のじゅうたん (圓光寺)

緑のじゅうたんが涼しさを感じさせてくれる庭園。




圓光寺の池泉式回遊庭園の苔の中にはお地蔵さま。




圓光寺を伏見で家康が開いたときは、国内教学の発展を図るための学校だったとか。




緑の世界は学びの世界でもあったようです。


(2018年8月26日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2018年09月06日

家康公が眺める京の都 (一乗寺小谷町・圓光寺)

木立の向こうに見える京の街並み。




ここは、一乗寺にある圓光寺。




圓光寺の開基は、なんと徳川家康。




裏山には、徳川家康の歯を埋葬した東照宮があります。




家康公も京の街を見下ろしています。


(2018年8月26日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月05日

窓が創る空間(圓光寺)

柔らかい光を演出してくれる窓。




窓に囲まれた部屋。




直線が織りなす障子と窓。




窓は、新たな空間を創り出してくれます。


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅

2018年09月04日

額縁の名庭 (圓光寺)

緑の世界が広がる庭園。




そんな美しい庭園が、額縁のように望めます。




「十牛之庭」と呼ばれる庭園。




紅葉の季節には、きっと赤い毛氈は脇役になることでしょう。


(2018年8月26日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月03日

手水鉢はキャンパス (圓光寺)

手水鉢が、素敵なキャンパスになりました。




さるすべりの花が飾られた圓光寺の手水鉢。




手水鉢の横にある立派なさるすべりの大木。




手だけなく心まで清めてくれる手水鉢です。


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年09月01日

龍が奔る (左京区一乗寺小谷・圓光寺)

白砂の雲海の中を、龍が奔ります!




ここは、左京区一乗寺小谷にある圓光寺。




龍の尻尾が雲海からそそり立つ奔龍庭(ほんりゅうてい)




石柱は、稲妻のようにも見えます。




境目のない枯山水庭園を、龍が自由に奔ります!


(2018年8月29日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(1)京の旅

2018年08月31日

宮本武蔵の里 (一乗寺・下り松)

剣の達人「宮本武蔵」




ここは、宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘を行ったと言われる伝説の一乗寺下り松。
現在の松は、四代目とか。




詩仙堂へ続く道にあり、観光客にも人気です。




宮本武蔵が決闘に向かう途中立ち寄った八大神社も近くにあります。




まさにこの付近は、武蔵の里。




さるすべりの花が咲き誇る武蔵の里です。


(2018年8月26日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(4)京の旅

2018年08月29日

青モミジと遊ぶ (下鴨神社)

青モミジの影が映ります。




その影は、まるでタマゴの中にあるようです。




ここは、世界遺産下鴨神社のある糺の森。




「下鴨神社 糺の森の光の祭」が開催中で、夜には幻想的な世界になるようです。




太陽に光る青モミジは、もう数ヶ月で待ち遠しい紅葉になりそうです。


(2018年8月25日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2018年08月28日

赤松の林 (相国寺)

相国寺の法堂に向かってすっくと立ち並ぶ赤松。




天文20年(1551年)の戦火により焼失した三門と仏殿の跡地にできた松林。




市街地には珍しいスケールの大きい赤松です。




お経を納める経蔵は、やはり金閣寺や銀閣寺を彷彿します。
金閣寺や銀閣寺は、この相国寺の塔頭ですから。


(2018年8月25日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅