京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年09月22日

新鮮な空気を感じて (八坂の塔)

京都の街に陽が沈みました。




京の空気が、昼間の喧騒から解き放たれる時間です。




空気がとっても新鮮に感じます。




夜の帳がゆっくりと下ります。


(2017年9月8日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年09月20日

天神信仰発祥の天神さん (下京区・文子天満宮)

天神信仰発祥の神社。




ここは、東本願寺の近くにある文子天満宮で、上京区にある北野天満宮の前身と伝えられています。



菅原道真公の乳母をつとめていたのが多治比文子。
彼女は自分の家の庭に小さな祀をもうけ、道真公を拝んでいて、北野天満宮がまつられるきっかけをつくったので、「北野天満宮の前身神社」と言われています。




菅原道真公が腰をかけたと言われる腰掛け岩。




きょうも、受験生を抱えた親御さんがお参りにいらしていました。



(2017年9月4日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年09月19日

京町家とレンガ造り (西本願寺・伝道院)

京町家の向こうにそびえる西洋建築。




西本願寺の仏具屋さんの並びに建つレンガ造りの建物。




ここは、西本願寺の伝道院。
明治に建てられた建物で、現在は、西本願寺関連の研究所として利用されています。




建物の周りは、妖怪と思しき石造物が囲みます。




この建物を設計した伊東忠太氏が、大の妖怪マニアだったようです。




そんな素敵な建物も不思議に京都の街に馴染みます。


(2017年9月4日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年09月18日

手造りの美しき意匠 (梅小路公園大宮南口・唐橋ブリッジ)

リベットの丸い頭がいっぱいある頑丈そうな橋脚。




普段何気なく通り過ぎる跨線橋ですが、その構造の美しさに見惚れます。




梅小路公園の横の東海道本線を跨ぐ跨線橋。




その橋の下を通り抜ける道は、何か不思議の国に抜けられそうです。




そこの道路には、美しい敷石が敷かれていました。




昔の人の手造りの意匠に感激です。


(2017年9月4日撮影)
  

Posted by Norichan at 09:00Comments(0)京の旅

2017年09月17日

待ち遠しい紅葉 (京都和束町・正法寺)

蒸し暑さもマシになった京都和束町。




和束町にある正法寺の参道にはモミジ。




紅葉が待ち遠しくなります。




真っ赤な紅葉と茶畑の緑が目に浮かびます。


(2017年9月3日撮影)  

Posted by Norichan at 07:00Comments(0)京の旅

2017年09月16日

お茶の京都 (京都府相楽郡・和束町)

「お茶の京都」




ここは、宇治の南側にある和束町の茶畑。




周り一帯が茶畑に囲まれます。




日本茶の大好きな私には天国。




イチョウの木には銀杏が・・・




もうすぐ稲刈りを迎えるお茶の京都の和束町です。


(2017年9月3日撮影)
  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年09月02日

青空の中 (東寺)

東寺の五重の塔が、青空の中に浮かびます。




枝垂桜は、来年の満開のために、十分な栄養と太陽の光を補給しています。




柳を揺らす風も、心持ち軽やかになった世界遺産の「教王護国寺」




夏が過ぎると、秋への足音は早足です。


(2017年8月31日撮影)  

Posted by Norichan at 06:10Comments(0)京の旅

2017年09月01日

なごりのハス (東寺)

今年のラストのハスの花は東寺。




ハスは夏の季語。




大半のハスは、シャワーになっています。




蒸し暑さから解放された爽やかな8月末日です。


(2017年8月31日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年08月18日

精霊流し (広沢池・鳥居送り火)

嵐山の鳥居に送り火が灯りました。




陽が沈んだ広沢池。




ご先祖様の精霊が、静かに流れます。




また来年・・・


(2017年8月6日撮影)
  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年08月17日

炎の光 (衣笠街道町・送り火)

松明からかがり火に点火されます。




送り火の松明行列を照らす光。




この光に照らされて、ご先祖様も戻って行かれます。




松明行列で目指すのは左大文字。




毎年、皆さんの手で灯される大文字の炎。




来年帰って来られる時は、今よりもっと良い世の中にしたい・・・!
そんなことを思いながら、大文字山に登るみんなを送ります。


(2017年8月16日撮影)  

Posted by Norichan at 06:40Comments(0)京の旅

2017年08月16日

老舗が並ぶ通り (寺町通二条付近)

寺町通りは、老舗が並ぶ通りです。
一保堂茶舗の創業は、1717年




墨で有名な京都古梅園は、創業1714年
奈良の古梅園は、なんと創業1577年です。




江戸後期に錫(すず)師として創業した清課堂は、創業1838年。




京の地酒などを扱う富屋商店さんは、創業1932年ですが、老舗のような風格。




この付近の一棟貸しスタイルの宿泊施設も、京町家の風情を残した造りです。


(2017年7月16日撮影)  

Posted by Norichan at 06:40Comments(0)京の旅

2017年08月15日

草木の色は心にも優しい (麸屋町通夷川上ル・手染め屋 tezomeya )

草木染めの色は、懐かしい色。




草木染めの色は、目に優しい色。




草木染めの色は、心にも優しい色。




派手さはなくとも、心に響く色。




丁寧に染め上げていく草木染め。




心に響く色が出るのは、多分、作る人の一生懸命さが映り込むんだと思います。




京都の 「手染め屋」tezomeya




素敵なお店です。



(2017年7月16日撮影)

「手染め屋」tezomeya のホームページです。

  

Posted by Norichan at 06:45Comments(0)京の旅

2017年08月13日

六道まいり (六道珍皇寺)

精霊をお迎えするために参詣する「六道まいり」




六道珍皇寺は、この時期、多くの参拝客で賑わいます。




古来より、精霊は槇の葉に乗って冥土より帰ってくるとされ、買い求めた高野槇には、「迎え鐘」で迎えた"おしょらいさん"が、枝に乗り移り、懐かしき我が家へのしばしの里帰りとなります。




精霊を迎えるために撞くので「迎え鐘」




そして、16日には、送り火とともに精霊は戻って行かれます。
そんな京都の風習が受け継がれます。


(2017年8月11日撮影)  

Posted by Norichan at 08:00Comments(0)京の旅

2017年08月12日

糺ノ森は古本の森 (下鴨神社・下鴨納涼古本まつり)

懐かしい本が並びます。




ここは、下鴨神社の糺ノ森。




そこでこの時期に行われる「下鴨納涼古本まつり」




様々なジャンルの古本が並びます。




糺ノ森が、ちょうど良い日陰を作ってくれます。




スマホもいいけど、たまには厚い本を読むのも良いものです。
ただ、歩き読書は禁物ですが・・・


(2017年8月11日撮影)  

Posted by Norichan at 08:00Comments(0)京の旅

2017年08月10日

日本の将来を見た障子 (岩倉・岩倉具視幽棲旧宅)

素敵な障子の向こうに素敵な庭。




外からはこの障子の意匠は見れません。




ここは、岩倉具視幽棲旧宅。




明治維新。
坂本龍馬や中岡慎太郎もここに岩倉具視を訪ねて、将来の日本が語られました。




外とは違う内の風景。
そこから何かを感じます。




外国からの圧力を感じながら、日本の将来が真剣に語られたのでしょう。
嘘や偽りのない真剣勝負で・・・




そんな気概のある政治家の到来を待ちます。




明るい光が差し込みますように。


(2017年7月8日撮影)  

Posted by Norichan at 08:30Comments(0)京の旅

2017年08月08日

お地蔵さんの笑顔 (東福寺・霊源院)

門の向こうに素敵な笑顔が見えました。




いろんな表情のお地蔵さん。




手水舎のお地蔵さんも笑顔です。




そんな夏の日差しが照りつける東福寺塔頭の霊源院です。


(2017年7月7日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年08月07日

俗世界を越える橋 (東福寺・臥雲橋)

素敵な木造りの橋は、俗世界を離れる架け橋です。




その架け橋を渡ると、緑の大海原が広がります。




そこは、一抹の雄大な絵画になります。




その橋は、臥雲橋(がうんきょう)




この橋から見る東福寺の通天橋は、絶好の撮影スポットです。


(2017年7月7日撮影)  


Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年08月06日

お魚さんに触ったよ♪ (京都水族館)

お魚さんに触ったよ♪




ぼくは、オットセイと遊んだよ♪




私たちは、水の中よ♪




そんな楽しい声が聞こえてきそうな水族館です。


(2017年8月2日撮影)  

Posted by Norichan at 07:00Comments(0)京の旅

2017年08月05日

暑い時にはダイビング♪ (京都水族館)

暑い夏には、海に潜るのが一番です。




きょうの海は、イワシの大群です。




エイも寄ってきました。




仲間のダイバーも楽しく魚と戯れながら、餌をあげます。




楽しいダイビング体験です♪




そんな海中は、京都水族館の大水槽です。


(2017年8月2日撮影)  

Posted by Norichan at 06:30Comments(0)京の旅

2017年07月28日

熱気 (祇園祭還幸祭・錦市場)

お神輿が激しく揺れます。




狭い錦通りに入ったお神輿。




威勢の良い担ぎ手の掛け声が、市場に響きます。




祇園祭の還幸祭。




男衆の熱気が、市場の通りに充満します。




神様にとっては、最高のおもてなしです。




(2017年7月24日撮影)  

Posted by Norichan at 06:40Comments(0)京の旅