京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月26日

透き通る空気 (仁和寺・御室御所)

仁和寺の旧御室御所にある勅使門。
大正2年(1913年)にできたこの門は、鳳凰の尾羽根や牡丹唐草、宝相華唐草文様や幾何学紋様など、細部にまで凝った彫刻装飾がなされています。




この精密な彫刻から透き通って見える空気が新鮮そのものです。




伝統的な美しさに加えて、斬新なもの作りに圧倒されます。



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
格子戸がいっぱい (京都文化博物館)
銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo )
素敵な空間 (京都国立近代美術館)
素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸)
素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸)
ひとしずくの波紋(妙満寺)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 格子戸がいっぱい (京都文化博物館) (2018-09-20 06:30)
 銀行に響くジャズのリズム (京都文化博物館・Jazz at Sanjo ) (2018-09-18 06:30)
 素敵な空間 (京都国立近代美術館) (2018-09-16 06:30)
 素敵な窓が創る空間(旧三井家下鴨別邸) (2018-09-15 06:30)
 素敵な欄干のある部屋 (旧三井家下鴨別邸) (2018-09-14 06:30)
 ひとしずくの波紋(妙満寺) (2018-09-13 06:30)

この記事へのコメント

彫刻なんですか~?
もちろん手彫りですよね。
気が遠くなる作業ですね~~。
Posted by ぱるちゃん at 2011年07月27日 16:49

ぱるちゃんへ♪
スカイツリーを作るのもすごいと思いますが、このような緻密な芸術品を創り出すと言うのも、本当にすごいと思います。
それは、自然との共存であって、自然に挑むのではないから、余計に素敵なんだと私は思います。
Posted by Norichan at 2011年08月01日 20:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。