京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年01月28日

思い溢れる絵画たち (東本願寺・しんらん交流館)

「いのちのあかし」絵画展が東本願寺のしんらん交流館で開かれています。




熊本県にある国立ハンセン病療養所菊池恵楓園絵画クラブ「金陽会」の方々が、60年以上もの長い間をかけて描きためられた絵画展です。




絵画の専門的な指導者を持たず、独学の精神において、人生の喜び、悲しみ、情熱、憧れ、郷愁、それぞれの想いが描かれています。




戻ることのできなかった故郷でしょうか。




キャンバスだけでなく、ベニヤ板や段ボールに書かれた絵には、素朴な思いがみなぎっています。




この展覧会は、この日曜日1月29日までです。




(2016年1月27日撮影)  

Posted by Norichan at 07:00Comments(0)京の旅