京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年11月26日

かまぶろの里を描く (八瀬)

かまぶろを覆う茅葺の屋根。

かまぶろの里を描く (八瀬)


その苔むした屋根の周りが色付きます。

かまぶろの里を描く (八瀬)


八瀬にかまぶろが伝わったのは、1300年以上も前の白鳳年代だそうです。
このようなかまぶろで、壬申の乱の時に流れ矢で傷ついた天武天皇が、その傷を癒したそうです。

かまぶろの里を描く (八瀬)


そんな伝説の残る八瀬の里。
どんな秋が描かれているのでしょうか。
かまぶろの里は、落ち着いた秋を迎えています。

かまぶろの里を描く (八瀬)


同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
もみじ萌え出す(大原・阿弥陀寺)
太陽は芸術家 (山科・毘沙門堂)
彩りの中の水絵 (東本願寺前)
夕陽が光り差す(東本願寺)
秋色の京都タワー (JR京都駅前・京都タワー)
朱色に映える (山科・毘沙門堂)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 もみじ萌え出す(大原・阿弥陀寺) (2019-11-18 06:30)
 太陽は芸術家 (山科・毘沙門堂) (2019-11-17 06:30)
 彩りの中の水絵 (東本願寺前) (2019-11-16 06:30)
 夕陽が光り差す(東本願寺) (2019-11-14 06:30)
 秋色の京都タワー (JR京都駅前・京都タワー) (2019-11-13 06:30)
 朱色に映える (山科・毘沙門堂) (2019-11-12 06:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。