京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2017年12月27日

踊り出す赤松たち (京都・相国寺)

背の高いアカマツが踊り出しました。




相国寺境内に広がる般若林と呼ばれるアカマツ林。




かつては仏殿や山門があった場所ですが、天明の大火で消失してからは再建されていません。




赤松は黒松に比べると幹もしなやか。
男黒松 女赤松といわれるように とても繊細で美しい松です。




だから、しなやかに踊っているように見えます。




そんなアカマツを、たくましい根っこがこれからも支えます。


(2017年12月24日撮影)
  


Posted by Norichan at 06:30Comments(2)京の旅