京つう

  アート/芸術  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2018年02月06日

雪の里 (美山・かやぶきの里)

美山のかやぶきの里は雪の中です。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


里の道は雪の中。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


近所の子供も雪かきのお手伝い。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


かやぶきの屋根に、新雪が積もります。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


屋根からは、鋭いツララが伸びています。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


杉木立は、粉砂糖をまぶしたように見えます。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


水墨画のような景色。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


そんな中では、ポストの朱色が生命感を与えてくれます。

雪の里 (美山・かやぶきの里)


この景色に、なぜか日本の故郷を感じさせてくれる「かやぶきの里」です。

雪の里 (美山・かやぶきの里)
(2018年1月27日撮影)



同じカテゴリー(京の旅)の記事画像
十六夜の大文字 (丸太町・大文字送り火)
松明に導かれ(左大文字・送り火)
窓の外の風景(京都国立近代美術館)
かがり火揺れる京の七夕(堀川通り)
朱色の印象 (平安神宮)
One Purpose Doshisha (烏丸今出川・同志社大学寒梅館)
同じカテゴリー(京の旅)の記事
 十六夜の大文字 (丸太町・大文字送り火) (2019-08-18 06:30)
 松明に導かれ(左大文字・送り火) (2019-08-17 07:00)
 窓の外の風景(京都国立近代美術館) (2019-08-14 06:30)
 かがり火揺れる京の七夕(堀川通り) (2019-08-13 06:30)
 朱色の印象 (平安神宮) (2019-08-12 06:30)
 One Purpose Doshisha (烏丸今出川・同志社大学寒梅館) (2019-08-08 06:30)

この記事へのコメント
冬の美山の雪景色はきれいですね。(タカ)
Posted by guildguild at 2018年02月06日 20:22
雪景色は、どこで見ても美しく感じます。
でも、住んでる人には、とても苦労が多いと察します。
Posted by Norichan at 2018年02月07日 16:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。